放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

USA

「米ソ原子力艦隊」で冷戦の答え合わせ

Amazon.co.jp: 米ソ原子力艦隊―今も両超大海軍が静かな戦いを繰り広げる! (光文社文庫―ミリタリー・イラストレイテッド) これは米ソ冷戦もクライマックスに差し掛かった1984年刊行の本です。スターウォーズ計画こと SDI計画が発表されたのが1983年といえば…

「F-14トムキャット オペレーション イラキフリーダム:イラクの自由作戦のアメリカ海軍のF-14トムキャット飛行隊 オスプレイエアコンバットシリーズ・スペシャルエディション01」 トニー・ホームズ 翻訳:平田光夫

Amazon.co.jp: F-14トムキャット オペレーション イラキフリーダム: イラクの自由作戦のアメリカ海軍のF-14トムキャット飛行隊 (オスプレイエアコンバットシリーズスペシャルエディション) F-14最後の戦闘任務である2003年の「イラクの自由作戦」を本書独占…

F-15 イーグル 日本導入期の広告コピーより(以下引用)

美の真髄は表皮(スキン)の内側にあり。 ━━━━━━━━━━━━━ F-15 イーグル ━━━━━━━━━━━━━ マクドネル・ダグラス F-15 イーグルは8つの世界上昇新記録を樹立しています。そのダッシュ速度はマッハ2.5以上。7Gを超える戦闘機動が可能です。すぐれた兵装制御システ…

F-15 日本導入期の広告コピーについてコメント

大阪万博のようにテクノロジーが成し遂げたスペックの誇らしさが文学的な域にまで達していて美しく印象的で、Web化を行いました。 実物では文字が端正に配置されているのですが、blog上でうまく表現するのは事実上不可能です。Webサイトを画像で作ってしまう…

アメリカン・イーグルス part1 「第8航空軍のP-47サンダーボルトエース オスプレイ世界の戦闘機エース 12」 ジェリー・スカッツ 翻訳:武田秀夫

Amazon.co.jp: 第8航空軍のP‐47サンダーボルトエース (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ―世界の戦闘機エース) ヨーロッパにおけるアメリカ航空戦力を代表する第8空軍。その活動の初期を支えた P-47 部隊の活動をまとめた一冊です。 スピットファイア装備の…

最高のレシプロ戦闘機とその後 「世界の傑作機 No.79 P-51ムスタング D型以降」

Amazon.co.jp: 世界の傑作機 No.79 Pー51ムスタング,D型以降 (世界の傑作機 NO. 79)「第二次世界大戦最良の戦闘機」であり、ただでさえ高性能だった P-51B/C のさらなる改良型です。わずかな空力性能と引き替えに視界を大幅改善、4丁だった機銃を6丁に強化…

戦略爆撃集団の完成 「世界の傑作機 No.75 P-51A B C ムスタング」

Amazon.co.jp: 世界の傑作機 No.75 Pー51A,B,Cムスタング (世界の傑作機 NO. 75) アメリカ陸軍航空軍戦略爆撃部隊がずっと求めていたのは、敵地奥深くまで届く大航続力を持つ護衛戦闘機。それを現実のものにしたのが2000km以上飛行可能な P-51B です。最強…

空の決戦をつくる 「戦略空軍」 トーマス・M・コフィ 翻訳:手島尚

Amazon.co.jp: 戦略空軍 (文庫版航空戦史シリーズ (26)) この本は最近のミリタリー関心的*1に「当たり」でした。ドイツ空軍防空部隊から見ると「顔のない敵」であるアメリカ陸軍航空軍戦略爆撃部隊がいかにしてその戦力を集積し、いつどこに向けたのか、そ…

ジェット時代のアメリカ空母艦載機乗りのすべて ― 「空母パイロット」 ポール・T・ギルクリスト

空母パイロット (新戦史シリーズ) 神さま、どうかへまをやりませんように。自分の失敗のせいでなければ、死ぬことはちっとも構いませんから! T-6テキサンの海軍型 SNJ から始まり、歴史的な F6Fヘルキャット、T-33 の海軍型 T2V、極初期のジェット艦載機 F9…

精兵という時代の縮図―「ネイビー・シールズ 最強の狙撃手」 クリス・カイル スコット・マクイーウェン ジム・デフェリス 翻訳:大槻敦子

Amazon.co.jp: ネイビー・シールズ最強の狙撃手 ゴシップ的な邦題と異なり、原題は「American Sniper」というシンプルなもの。著者はイラク戦争においてアメリカ軍史上最多の殺害数を記録した「最強の狙撃手」であるのですが、それ以上に SEALs の一下士官…

アメリカン・スタンダードな一台―グランドパワー 2014年2月号 特集:M48パットン

GROUND POWER (グランドパワー) 2014年 02月号 [雑誌] M26パーシングの機関系を改善した M46、その砲塔を換装した M47 から離れた最初の完全戦後世代、最近注目度が高まっている冷戦戦車の初期に当たる M48パットン で一冊です。この雑誌、特集が本の90%程も…

なぜベンジャミン・フランクリンは別格なのか / アメリカ庶民の歴史観についてのメモ

まずアメリカの庶民にとって歴史の本といえば個人の回顧録なんですね。なぜ回顧録なのか、誰が回顧録を出すのかといえば、よき市民として人々から憧れられるような、参考にされるような人生をやり遂げた人間です。 日本において「奈良の大仏を作ったのは誰か…

冷戦とUFO 「エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実」 アニー・ジェイコブセン

Amazon.co.jp: エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実 (ヒストリカル・スタディーズ) 原爆・水爆・U-2・SR-71・F-117、そしてロズウェル事件‥‥本書は世界を一変させる研究が行われたエリア51を通してアメリカから見た冷戦史を描いています。これを読…

野戦築城と気合いの世界 「第二次大戦の歩兵対戦車戦闘 オスプレイ世界の軍装と戦術 2」 ゴードン・L・ロトマン イラスト:スティーヴ・ヌーン 翻訳:三貴雅智

Amazon.co.jp: 第二次大戦の歩兵対戦車戦闘 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ―世界の軍装と戦術) World of Tanks において完全に省かれている要素の一つとして「歩兵による対戦車攻撃」があるため気になって読了。英語版では Osprey Elite シリーズの一冊…

アメ車を再評価 「戦後日本の戦車開発史 特車から90式戦車へ」 林磐男

Amazon.co.jp: 戦後日本の戦車開発史―特車から90式戦車へ (光人社NF文庫) World of Tanks に日本ツリーが実装されることが決定し、Tier8 に61式戦車、Tier9 に STA-1(61式戦車の試作一号車。車高がきわめて低くエンジンボンネットだけが一段高くなったデザ…

「日本との出会い」 ドナルド・キーン

日本との出会い (中公文庫) この本は@KANOEYuuさんの影響で読みました。 2011年の東日本大震災後に日本人となったことが話題になったキーンドナルド先生の回想エッセイです。 アメリカで生まれしかしそこに居場所が無いような感覚もあり、父の仕事の関係でフ…

力づくで超音速 「世界の傑作機 No.22 ノースアメリカン F-100 スーパーセイバー」

Amazon.co.jp: ノースアメリカンF-100スーパーセイバー 1950年代の米空軍テストパイロットの回顧録で非常に高評価だったので、それほどのものなのか気になって読んだシリーズその2。その1は F-101 ヴードゥー。 音速は何とか超えられるだけで実用上無意味、…

核ロケットだけじゃない 「世界の傑作機 No.101 F-101 ヴードゥー」

Amazon.co.jp: 世界の傑作機 (No.101) 「F-101 ヴードゥー」 1950年代の米空軍テストパイロットの回顧録で非常に高評価だったので、それほどのものなのか気になって読みました。 メイン火器が AIR-2 ジーニ という核弾頭搭載の空対空無誘導ロケットのためネ…

マクロス・プラスの原点? 「テストパイロット」 フランク・ケンドール・エベレスト

Amazon.co.jp: テストパイロット (文庫版航空戦史シリーズ (7)) 1956年にベル X-2 で3,000km/h+、マッハ2.9程で世界速度記録を達成したテストパイロットによる回顧録です。 原著は1958年のため、音の壁を確実に越えられる速度の覇者センチュリーシリーズが…

航空界のコンパクトカー 「世界の傑作機 No.18 A-7 コルセアII 海軍型」

Amazon.co.jp: LTV Aー7コルセアII海軍型 NO.18 (世界の傑作機) デザイン的完成度がきわめて高い A-4 スカイホーク の後継が見るからに安く上げた感のあった A-7 コルセアII と今更ながら知り、一体どれほどの機体なのか気になったのでこの本を読みました。…

過渡期の究極完成度マシン 「世界の傑作機 No.150 A-4 スカイホーク」

Amazon.co.jp: 世界の傑作機No.150 ダグラス A-4スカイホーク (世界の傑作機 NO. 150) 日本でも人気の高いベトナム戦争期の米海軍機が増々ページで登場。A-4スカイホークについて何か知りたければまずこれを読めば最速で最濃となれる一冊に仕上がっている。…

これがジオン公国の独立 「月は無慈悲な夜の女王」 ロバート・A・ハインライン 訳:矢野徹

Amazon.co.jp: 月は無慈悲な夜の女王 (ハヤカワ文庫 SF 1748) Kindle 月は無慈悲な夜の女王 人類が増えすぎた人口を月に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。低重力の衛星は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んで…

「我々はなぜ戦争をしたのか 米国・ベトナム 敵との対話」 東大作

Amazon.co.jp: 我々はなぜ戦争をしたのか (平凡社ライブラリー) ベトナム戦争終結から20年以上が経った1997年に行われたロバート・マクナマラらアメリカ・ベトナム間代表者対話を取材して作られた本書で、逆説的に「アメリカの帝国主義」と呼ばれるものが何…

解説文一切無しのアメリカ陸軍戦車派生リスト

M3スチュアート軽戦車 M3リー中戦車 M3グラント中戦車 M3リー・グラント中戦車 M7プリースト自走砲初期 M4シャーマン中戦車 シャーマンファイアフライ M7プリースト自走砲 M10戦車駆逐車 M36ジャクソン戦車駆逐車 M18ヘルキャット戦車駆逐車

アメリカ陸軍の戦車駆逐車進化入門

最近アメリカ軍戦車駆逐車運用開発ドクトリンについて書いているいろいろクドい話. すこしバテ気味・・・。を読んでいたら、車種ごとの性能が分からなくなったり、進化の系統が分からなくなってきたのでまとめてみました。 共通する運用の基本は、敵戦車の到…

「F/A-18の秘密  HONET The Inside Story of the F/A-18」 オア・ケリー

Amazon.co.jp: F/A‐18の秘密 (新戦史シリーズ) 1970年代、アメリカとソ連による冷戦は「緊張緩和」の段階へ進み出したとはいえ全面衝突に備える必要性は未だ失われていなかった。 そのとき、アメリカは衛星写真によりソ連の新型可変後退翼爆撃機「Tu-22Mバ…