放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

comic

シリーズ:20世紀巡礼 「夏の空色」 高橋亮子

Amazon.co.jp: 夏の空色 (フラワーコミックス) Kindle版 今から23年も前になる1993年にスクウェアから発売されたアクションRPG『聖剣伝説2』で非常に印象的なBGM群のタイトルの一つに引用された事で知った1980年の作品を2016年に電子版で、という奇跡的な状…

昔のマンガ・アニメ・ゲームの実在人物モデルキャラコレクション(随時連続更新形式)

今ほど肖像権に厳しくなかった時代の作品は、知っていれば一目でそれと分かる著名人モデルのキャラクターがお遊び込みで非常に頻繁に登場していました。このエントリではそれをひたすらまとめます。 ただ誰というだけでなく時期指定で発見する度に追加します…

「松本零士・戦場漫画クロニクル」

Amazon.co.jp: 松本零士・戦場漫画クロニクル (復刻名作漫画シリーズ) 単行本未収録作+著名人インタビュー+エピソードコンプリートガイドの公式ファンブックです。 インタビューは新谷かおる・板橋克己・小島秀夫・出渕裕。出渕裕の「ファンタジックなイマ…

植芝理一「ディスコミュニケーション」を新装版で初読みする

(アフタヌーンKCデラックス)" style="border: none;" /> Amazon.co.jp: 新装版 ディスコミュニケーション(1)冥界編1 (KCデラックス アフタヌーン) 私的80年代90年代ブームの流れから、1992年から2000年にかけて連載されていたこの作品を2013年7月6日から21…

若おじいちゃん 「すずしろ日記」 山口晃

すゞしろ日記 山口晃が東京大学出版会の雑誌「UP」に連載していたマンガが単行本化された本です。 前半は家庭も美食も全然興味がないので読むのが少々つらかったのですが、後半に会田誠と二人展をした辺りから制作関係の思考日記的内容が増えてぐっと面白く…

少年と永遠 「ウは宇宙船のウ」 萩尾望都

Amazon.co.jp: ウは宇宙船のウ (小学館文庫) Kindle ウは宇宙船のウ (小学館文庫) 自分の人格形成と萩尾望都の相性が良さそうだと知ったこと、レイ・ブラッドベリの感覚に浸りたいことからこの本を読みました。 何といってもまずは表題作「ウは宇宙船のウ」…

大今良時「聲の形」読んだ

大今良時19歳時の受賞作。4年ほど経った今、週刊少年マガジン12号(2月20日発売)に掲載。61ページの読切。内容により波紋が広がっているが、私は単純にカタルシス感情に従って感動していた。 未整理な部分が非常に多いので箇条書き…… まず第一に非常に上手い…

マンガ力の見える本 / 「変人偏屈列伝」 荒木飛呂彦 鬼窪浩久

Amazon.co.jp: 変人偏屈列伝 (集英社文庫―コミック版) 栄光なき天才たちブラックエディション。 登場するのは、タイ・カッブ、康芳夫、腸チフスのメアリー、ウィンチェスター夫人、コリヤー兄弟、ニコラ・テスラ。 収録されている全作品のシナリオは荒木飛…

軟弱者―16巻から読み始める高橋ツトムの『爆音列島』

Amazon.co.jp: 爆音列島(16) (アフタヌーンKC) オタク層しか読まない雑誌のアフタヌーンに何故か連載されている暴走族漫画が『爆音列島』 何故この組み合わせなのか? 読み方が分かれば疑問は途端に氷解する。 このマンガの暴走族は甘い。 逮捕後に鑑別所…

「怪奇版画男」 唐沢なをき は結構怖い

Amazon.co.jp: 怪奇版画男 (小学館文庫) 全編木版画で作られた驚異のマンガ、それが「怪奇版画男」 さらに凄まじいのは、すべての話が版画であることを生かしていること。さらにさらに、続けると作者は発狂するとさえ云われている過酷なジャンルのギャグで…

残酷な表現が含まれていますがグロテスクではありません(多分)

id:kanabowがTwitterにかまけている間、こちらの漫画でお楽しみください。 マンガ災害事例 http://makoto-y.cocolog-nifty.com/blog/ 「◎リスクアセスメント 発生確率は大、被害程度は死亡」さらって言うシュール。 以上の漫画でも満足しない方、あるいは映…

フィクション最強の敵は親

富野由悠季は親との間に相当の確執がある、というのは本人のエッセイで知っていますが、それを別にしても日本の若年層向けフィクションでは「親」という存在が積極的に排除されているものが多いのは気になるところ。 主人公は初めから孤児だったり、物語の開…

朝日ソノラマは今年9月に終了します

http://www.asahisonorama.co.jp/hp/whatsnew/readers.html 業務は一応朝日新聞社が引き継ぐことになっているとのこと。 人気があり自分も好きなネムキ系漫画はイの一番に「続けます」と書いてあるくらいなので、私的には安心。 ソノラマ文庫戦史シリーズも…

「ブックオフでレイプマンを買う」

「伊集院光深夜の馬鹿力」のジングルでこのフレーズがネタとして流されていて、「レイプマン」というのは「架空のしょうもない本」で実在しないとずっと思っていたら http://www.st.rim.or.jp/~r17953/impre/Comic/rei.html これはひどい。 「レイプで問題解…

地下沢中也「預言者ピッピ」が物凄く面白いのだけれども

この作品は1巻のときのテンションを保って完結までたどり着けたら「予知能力モノ」のオールタイムベスト・到達基準点にさえなりうると思います・・・・・・が、第一話が作られてから第一巻が出来るまであまりにも時間がかかりすぎていて、第二巻が永久に出ないよう…

テレビの「あしたのジョー」が最高だったから漫画文庫全12巻を一度に買い揃えんと万札握りしめ書店に行けば、目的の品は完全売り切れ。 棚には「あしたのジョー」全12巻とぴったり同じ寸法の穴。

書評が書けなくなっていく現象

1冊の本から情報として汲み出して概念や思考として固定できる物事の量が急激に増してきたのに文章化の速度そのものは向上せず、読書速度は再び高速化してきたので、書評作成時間が読書時間を上回るようになってしまって、書評系の話題が書きにくくなってしま…

鬼頭莫宏の「ぼくらの」がアニメになるらしい

http://bokurano.jp/ 「なるたる」がアニメになっていたことを知ったときは驚いたけど、このアニメ化にも驚いた。好きだけどそれほど人気がある作品だとも作家だとも思わなかったので…… 初めから「ルール」がネタバレしてるのは良いのかな。序盤のエピソード…

キャラクター文化の感覚が分からないと言っていたけれど訂正します / 「君と僕。」にはまった

これの登場人物は良すぎ!ただ見ているだけでにこにこしてくる。ドラマCDまで欲しくなるくらい気に入りました。相対的に高額なので買えませんが(笑) わりと平凡で現実的な性格反応やシニカルさ、文化系なノホホンとした学生生活の雰囲気がたまらなく好きで…

「ヨイコノミライ」を読んでいる。既刊分の3巻まで読んだ。

「げんしけん」を見たときは「ユートピアすぎて不気味」と思って読めなかった自分でもこっちは普通の話に見えて面白い。 きつい話だとよく言われているけれど、思っていたよりずっと明るかった。何かをしたいという意志はあるし、本人が不幸だって気が付かな…

実写映画がもうできた

http://www.mushishi-movie.jp/ 2007年春休み公開確定。今ベネチア国際映画祭で上映するらしいので、フィルムはもう出来上がってるっぽい。 2005年10月には永久に出来ないジョークが出ていた作品だけど、今回は予定通りの進行。 スチームボーイでの遅れ損失…

今日の疑問

ぼくはホラー作品を見ても大抵「何が怖いのか全然分からない」「自分の夢のほうが100倍こわい」という感想しか持たないのですが、そんな自分でも「ファイナルデスティネーション/デッドコースター」は物凄く楽しめました。 この作品の、事故寸前で危ない!→…

本を買った

横山宏 Ma.K.スケッチブック〈vol.1〉作者: 横山宏出版社/メーカー: 大日本絵画発売日: 2006/02/01メディア: 大型本購入: 2人 クリック: 23回この商品を含むブログ (9件) を見る自分の絵の参考にするために買った。4000円。 「マシーネン・クリーガー」にも…

「蟲師」のアニメが自分にとって大して面白くなかったのは

漫画から展開される自分の脳内アニメのほうが圧倒的に面白かったせいだろうと思う。 自分の夢が最高のおもしろさと臨場感を持っているのと同じ。 それでもアニメシリーズが気になる 気になってちょっと調べてみたら、シリーズ全体の中でも特にお気に入りの話…

最近と今後の読書に関するメモ4

漫画の話を復活させるかも。ちょこちょこ読んだので。

コミティアに行きたい

コミケは「雰囲気は面白そうだけど買うものはあまり思いつかない」という印象で、コミティアは「雰囲気は分からないけれど買いたいものがたくさん」って印象。それでコミティアのほうが面白そう。 行ってみたい! もっと日本の端の地方でもして欲しいなー。…

「収容所の小さな貴婦人」

2005年3月30日に書いた捕虜収容所の話を元にした同人誌のオンライン版が刊行されているのを知ったので、追記的に紹介リンク。 http://www.angel.ne.jp/~rimland/worksoff/woff06.html

色んなカテゴリの2005年の傾向

2005年のベストは選びません。 「新登場であること」に価値を感じず、古典路線になり、年で区切る意義が非常に薄くなってしまったため。 工学系好き低調 一般向け書籍で得られる理論は一段落という感じ。 ソフトウェア系に興味が無いせいで範囲が狭くて、そ…

エアレース漫画「アンリミテッド・ウィングス」。実在人物も登場。

アンリミテッド・ウィングス(1) (カドカワコミックスドラゴンJr)松田 未来 富士見書房 Amazon.co.jp で詳細を見る新発売漫画の1巻全部を読んでレビューする凄まじすぎるblogにリンク。 松田未来/アンリミテッド・ウィングス | マンガ一巻読破 町工場からス…

「女王の百年密室」 森博嗣・スズキユカ

原作本がとても気に入ったので、コミカライズ版も読んでみた。 元の本は570ページくらいあるやや長い本なので、たった170ページくらいの漫画にまとめる都合上、かなり駆け足というか、場面と場面の間が少しの隙間も無くキツク詰まってる印象だけど、それ以外…