放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

movie

聲の形 山田尚子監督の舞台挨拶 博多編 要約レポ

Tジョイ博多での舞台挨拶が終了致しました‼次は北九州となります‼ pic.twitter.com/spmQmHGVGM— 映画『聲の形』公式 (@koenokatachi_M) 2016年10月23日 先ほど、T・ジョイリバーウォーク北九州での舞台挨拶が終了致しました‼山田監督は完成披露から27回も舞台…

Rの法則 生放送「ニュースWEBティーンズ9月号」(ゲスト:新海誠)要約

この番組はNHK Eテレで19時頃に放送されている、高校生の流行を紹介するものです。『君の名は。』が興行収入100億円を突破し大ヒット作家となった新海誠監督に高校生が生の声でインタビュー。 質問「監督は40代なのにどうして女子高生のリアルが分かるんです…

私的新海誠過去作品感想コレクション

主題から外れるためエントリ分けしました。このblog筆者の新海誠過去作品感想リストです。 『君の名は。』を除けば最高傑作確実と感じている『言の葉の庭』については書き忘れていますね‥‥。感動が文字に閉じ込められることを嫌って自粛していた時期の作品だ…

記憶容量オーバー 「劇場版 魔法少女まどかマギカ新編 叛逆の物語」を見た

今現在のメモそのまま。 見るならレイトショー、その中でも可能な限り遅い時間帯をお勧めします。 書いてて良かったまどマギ日記! 訳も分からずやられるよりも、読めているのにやられてしまう方が衝撃は大きい。 あのシーンがここで効くとほんの一瞬だけ先…

ガイナックス初期の記録と発想の未来 「遺言」 岡田斗司夫

Amazon.co.jp: 遺言 岡田斗司夫最後の単著として発行されるにふさわしいダイコン・ゼネラルプロダクツ・ガイナックスのプロデューサ・経営者としての回顧録を中心としてのおたく論、作劇論、さらにはそれらが生きる社会に至る思考の集大成です。 私は2010年…

今全貌が見えた 「王立宇宙軍 オネアミスの翼」

王立宇宙軍 オネアミスの翼 [Royal Space Force−The Wings of Honneamise] [Blu-ray] この映画を見るのは少なくとも3回目。HDマスター・サウンドリニューアルになったのは今回が初です。 制作当時のスタッフとおおむね同じ年代になると見え方が変わりました…

ざわめきの映画「スターリングラード」(1993年・通称ドイツ版)

スターリングラード HDリマスター版 [Blu-ray] キエフ発の輸送列車 おりた時から ハリコフ駅は 雪の中 東へ進む 兵の列は 誰も無口で 砲声(つつおと)だけを聞いている 自分もひとり 連絡線まもり こごえそうなPAK(パック)みつめ 泣いていました ああ ス…

セカイ系の時代から歩み去り5年ぶりの「雲のむこう、約束の場所」

Amazon.co.jp: 劇場アニメーション「雲のむこう、約束の場所」 [Blu-ray] 2012年の最後に見た映画。2007年に見た時は「薄味すぎて味がよく分からない」「なぜ一つの学校に特異点が集中しているのか納得がいかない」という位の作品。 時が経った今になってや…

2003年の年末年始缶詰 「東京ゴッドファーザーズ」

Amazon.co.jp: 東京ゴッドファーザーズ [Blu-ray] ワンライナーストーリー ホームレス3人組が赤ん坊を拾う。その日はクリスマス。きよしこの夜。「キヨコ」と名付けられた子を返すために、普通の街の普通じゃない冒険の旅へと出発。 日本の年の終わりと始ま…

古き良き日本のカタストロフ 「世界大戦争」

Amazon.co.jp: 世界大戦争 [DVD] ショートあらすじ 弾道弾警戒システムの誤作動、38度線の緊張、演習中の偶発的戦闘、それぞれに歯止めがかかれども流れは止められず、世界は理由なき全面戦争へと雪崩れ込む。 開戦から核が着弾するまでの僅かな間に日本人…

合唱シーンがある映画は名作 「妖星ゴラス」

Amazon.co.jp: 妖星ゴラス [DVD] ショートあらすじ 謎の遊星・妖星ゴラスが地球への衝突コースにあると理解した科学者たちは南極に巨大ロケットエンジンを建設、公転軌道を移動させることで回避する。 感想 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公開に備えて東宝特…

庵野秀明への道 「宇宙大戦争」

Amazon.co.jp: 宇宙大戦争 [DVD] ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公開に備えて東宝特撮見たシリーズのひとつ。 シナリオに関してはあまり言うことがない。悪い意味で記録映画調というのだろうか。登場人物のキャラクターを立てる発想があまりない時代の作品の…

持つべきものはオタの友「ラスベガスをぶっつぶせ」

Amazon.co.jp: ラスベガスをぶっつぶせ [Blu-ray] ショートあらすじ 主人公ベンは憧れのハーバード大学医学部の入学資格を得たが、30万ドルもの学費が必要で、とても自力で捻出することはできない。奨学金を受けられるような「特別な人生経験」もない。仕方…

キャラクターに魅せられる「映画ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー……ですか!?」

Amazon.co.jp: 映画ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー・・・ですか!?【特装版】 [Blu-ray] この映画はCS等で流れないと見る機会がありませんでした。レンタルし難く、買うのもなかなか……劇場公開当時これを見て舞台のフランスまで行…

古き良きアメリカンTVショウ 「激突!」

Amazon.co.jp: 激突!スペシャル・エディション [DVD] 実は見たことがない有名映画を見るシリーズその3。 ある日、しがないセールスマンが田舎のフリーウェイでおんぼろトレーラーに遭遇する。ノロノロ運転の上に巨大で邪魔だが、親切にも追い越しの合図を出…

歌声に作られた世界「モスラ」

Amazon.co.jp:【東宝特撮Blu-rayセレクション】 モスラ 実は見たことがない有名映画を見るシリーズその2。 無人島とみなされ核実験場となっていた南方のインファント島に日本漁船が漂着。その島には放射線によるダメージを受けない謎の薬学を持つ原住民が生…

4年後の再訪。 「秒速5センチメートル」

Amazon.co.jp: 秒速5センチメートル [Blu-ray] 2008年以来。もう一度。 2009から2010年にかけて、私は全身義体化したのかというほどに人格を変容させたので、このような寄り添う物語に触れ直すと感覚が異なるはずである考えた。 あと、TVもHD化されたしね。…

意外とあっさり北斗の拳でもない / マッドマックス

Amazon.co.jp: マッドマックス [DVD] 実は見たことがない有名映画を見るシリーズその1。(2以降があるのか不明) 取締中の事故で暴走族を殺してしまった交通警察官は、報復により友と家族を殺される。全てを失った男の復讐譚。 この映画に内容は無い。長いあ…

高度経済成長以上にクレイジーなミュージカル / ニッポン無責任時代

Amazon.co.jp: ニッポン無責任時代 [DVD] 非常に有名なこの映画を「高度経済成長の世相を反映した作品」などと云う人はおそらく実際には見ていない。「サラリーマンを装うのが天才的に上手い狂人を描いたミュージカル」と表現したほうが的確である。 バーで…

姫は姫らしくしている時が一番美しかった / アン・ハサウェイ 裸の天使

Amazon.co.jp: アン・ハサウェイ/裸の天使 【VALUE PRICE 1500円】 [DVD] 邦題通り日本においてはアン・ハサウェイファン向けの映画。中流階級お嬢さまが底辺ギャングと遊んでみるのだが… アン・ハサウェイの美しさ全てを意図的に台無しにしているのかとい…

マイファースト作画アニメ / MEMORIES

Amazon.co.jp: MEMORIES [Blu-ray] 私が初めて見た「画の良いアニメ」が今作である。 「衛星が地球の影に入るため放送休止」となる不安定でSF的な雰囲気のあった時代のNHK-BSか、それを録画したVHSという視聴環境だった。 そして、全く作風の異なる作品のオ…

1990年代東京映像文化遺産「劇場版 X」

Amazon.co.jp: X [DVD] CLAMPの大人気コミックを『幻魔大戦』のりんたろう監督が映画化。1996年作品。 とはいえ私は当時の『X』の人気をよく覚えていない… CLAMPが描いているマンガが時代の空気となっていたことは何となく覚えている。絵が飛び抜けて美麗だ…

タイトルに反して渋くてクール / ヒート

Amazon.co.jp: ヒート プレミアム・エディション [DVD] 何も顧みずただひたすらに刑事としての職能を極める人生を送った男。 いかなる手段も躊躇わず犯罪者としての能力を極める人生を送った男。 生き方が変わるとき、知恵の限りを尽くした二つの人生が接触…

これが実録ミッション・インポッシブル / 『マン・オン・ワイヤー』

Amazon.co.jp: マン・オン・ワイヤー スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] 今作は、アメリカ・ニューヨークの世界貿易センタービル間で綱渡りをやってのけたフランスの大道芸人の回想記録映画である。 建築物の歴史的位置づけによりまとわりつきやすい思…

インテリのチャー研 / 空飛ぶゆうれい船

Amazon.co.jp: 空飛ぶゆうれい船 [DVD] 宮崎駿が製作に参加していること、社会派のシナリオであること、見る機会が少ないことで有名な作品である。 実際に鑑賞したところ、ツッコミどころ満載。 軍産複合体の脅威と、それを図らずして育ててしまう更に上位…

巨船 ネス・サブリン

この映画は1960年頃の三菱造船・長崎造船所*1が英国企業の発注した大型タンカーを建造する様を記録した作品である。 なお、今作は当時、文部大臣賞受賞、キネマ旬宝短編映画ベストテン第三位を受賞している。 作中製造されているタンカーは排水量9万t、全長2…

新しい製鉄所

タイトルは「新しい」となっているが制作は1959年。 取材先は川崎製鉄・千葉製鉄所(現JFEスチール・東日本製鉄所・千葉地区)である。*1 完全に工場を主体とし人間が無名化された構成の今作は、工場萌えの王道である製鉄所を堪能できる。 出来上がったばかり…

HD時代に見る記録映画には行間がある

CSの「日本映画専門チャンネル」でたまに流れている昭和の記録映画は地味ながら意外と面白い。 近年新たにテレシネされBDレベルの画質となった昭和の記録映画は、その時代の空気まで写っていて、人々の微妙な顔つきや所作の移り変わりまではっきり見えるのだ…

アニメじゃなくても『男たちの挽歌2』ヤクザな『魔法少女まどか☆マギカ』

『魔法少女まどか☆マギカ』の劇場新作を一体どうやって続けるのかは『男たちの挽歌』を見て『男たちの挽歌2』の無理矢理さ見ると少し予想がつけられます。 前作の舞台である香港で死んだ双子の弟がニューヨークにいて、もちろん同じ役者が演じて、キャラクタ…

物語的必然性で見た『男たちの挽歌2』

前作で弟の銃を抜きマフィアのボスを殺してラストバトルを制したホーは、刑務所にて警察への協力を頼まれるが… 『男たちの挽歌』と比べると格段に面白くありません。その分、何が差をつけたのかについての思考が進みました。 まず第一の弱点として、シーンと…

『婦人警官ジャンナ La poliziotta fa carriera』は意味ねぇ〜

Amazon.co.jp: (仮)エドウィジュ・フェネシュ エロチカ・ポリス トリプルBOX [DVD] あらすじ:やる気空回りドジっ娘婦警のドタバタ騒動 (19文字) とにかく、くだらない! メッセージ性は無く、ダサすぎもせず、面白すぎもせず、一番見るのがらくちんな種類…

男たちの挽歌 英雄本色

内部にいる限りはユートピアのようなヤクザ社会も、法を破って無茶を通していたからには一般社会にもう戻れない。それでもカタギになろうとすると、一体どれほどの犠牲を払うことになるのか。人の命、そしてプライドである。 これって最近、深夜アニメで見た…

女性上位時代 La Matriarca

オシャレエロくだらな面白い! ヒロインが色々と試してみるフェチの他愛もなさが画的に間抜けで、でも可愛らしくて、でも裸だったり、色んな感情が一斉に立ち上がってくるものだから変なツボが全編にわたって押され続けて、もう笑って見るしかないです。 女…

ヒストリー・オブ・バイオレンス A History of Violence

田舎の町で小さなお店をやっているお父さんのところに、昔敵のギャングがやってきた。 普通の人が、平和な家族が、銃をとるしかないという状況。それが家族の愛情を確かめるものとなるのは端的に言って「歪み」だ。 敵をきちんと撃ち殺して父を危機から救っ…

カッティングエッジ 映画編集のすべて 視聴メモ

日本語版DVD・BDがないのは問題といえるくらいに濃い解説番組。*1 非常に興味深かったので視聴メモを掲載。 モンタージュ効果の実効力 ただ何かを見つめているだけの男の後に繋ぐ画面によって、飢えてスープを食べたがっている、子供を優しく見つめるといっ…

シベールの日曜日 Cybele ou les Dimanches de Ville d'Avray

Amazon.co.jp: シベールの日曜日 ブルーレイ [Blu-ray] 神話のような物語に感動。 幻のような…詩のような…絵画のような……。 理解を文字の形で固定できない。 元戦闘機パイロットのピエールは、インドシナ戦争で爆撃地点にいる子供と目が合った瞬間に撃墜さ…

ガラスの墓標 CANNABIS

これはドラッグの映画ではない。愛とアクションの映画である。 『CANNABIS(大麻)』が『ガラスの墓標』になるのは一体どういうことなのか分からないけれど、その飛躍が映画史に残る見事な邦題です。 冷たい美しさのある邦題にふさわしく、主演のジェーン・バ…

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」演出と映像技術の感想

ヘッダのネタバレ注意色を目立つように変えたので、ヱヴァ関係のエントリを畳むのを何となくやめました。以前の分も展開。 エヴァンゲリオンというマシンと殺陣 『機動戦士ガンダム』のモビルスーツというマシン同士のサーベル戦は、手足を斬り飛ばせること…

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の監督として庵野秀明以外の人物を重視した理由は…

このエントリの続き。 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』自分語りと思い出要素込みで細かめの感想 - 放課後ハ 螺旋階段デ 『トップをねらえ2!』の第3話では、チコ・サイエンスのバスターマシンが、万能感に裏打ちされた意志の力で放つ必殺技エキゾチックマ…

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』キャラ別の感想

アングルを少し変えて感想もう一つ。 シンジさん 碇シンジはファンからの愛称がシンちゃんからシンジさんに変わるくらいの男前っぷり。 分からないことの分からなさを把握して、答えをきちんと出そうとしていて、悩むことそのものの重みが無くなっている。 …

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』自分語りと思い出要素込みで細かめの感想

この映画を楽しんだ自分が楽しいくらいの状態。 誰でもここまで面白いわけじゃないヱヴァ破・属人性のある楽しみ方 最低限でもTVシリーズと旧劇場版に嵌って消化した感がないと劇中で何が行われているのか分からないと思います。 それは当然として、別系統を…

公開開始から数日後に見た「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」のメモは約三週目の今1万6000字

1post 140字までの twitter 基準にならすと、上映時間中1分に1回投稿しても追いつかないくらいの分量。 道理で見ていて疲れたわけ…

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を公開直後に見たら真っ直ぐ歩けなくなった

べらぼうに面白かった。 あまりにも面白すぎて正常な判断力は失われた。 凄すぎて感心、感心の限界を越えて笑い、笑うべきでない場面ということに耐えきれず泣きそうにまでなった。 映画館じゃなかったら感嘆の声が出ていた。 拍手は無かったけれど。しなか…

2009年最初に見た映画は『鉄コン筋クリート』だった / 00年代末の松本大洋ブームと私

2008年年末年始の騒ぎが一段落して眠りについたぼくが、2009年1月1日の深夜になって目覚めて何となくテレビをつけたとき放送されていたのが『鉄コン筋クリート』でした。 劇場で公開されていた頃*1は、見れば間違いなく傑作と分かりつつも、知人が制作に関わ…

読書する女

主人公の女の仕事は依頼人の家で本を朗読すること。依頼人は自分で本を読まないだけあって、少し変わった人ばかり… 緑の部屋と病院服、赤の部屋と撒かれる花びら、白の部屋とヴィクトリア調の幼女、そして真っ青な服を着ている読書する女…色彩センスのいい画…

シンシナティ・キッド

シンシナティ・キッド。ザ・ギャンブラー。ポーカーにて無敗。若き獅子たる彼の前には敵無し。 街の子供とのコイン裏表当てでさえ無敗。毎回「もっと腕を磨いて来な」と返す的中率。 向かうところ敵無しのキッドはギャンブル界の帝王、老ランシーに対して挑…

秒速5センチメートル

「桜の花びらが落ちる速さって知ってる?」 タイトルのロマンチックさから素晴らしい。 散る桜は出会いと別れの象徴。その瞬間を切り取る術。 第一部 「桜花抄」 都会の少年は雪国に行った少女と再会するため旅に出る。 雪国という異世界、都会と違った規則…

『スカイ・クロラ』を『少女革命ウテナ』と同じ系統に入れた理由

生活とまったく違った文法で表現される「決闘」と「空戦」 いずれも少なくとも当人の意識にとっては重大で敗北は許されないけれど、実際のところは再生可能な程度で致命的でないという手加減の中にある行為。 永遠として存在することが可能な中で行動を続け…

スカイ・クロラ

Amazon.co.jp: スカイ・クロラ (通常版) [Blu-ray] 小説全ての中でも最高級に尖っている森博嗣のスカイ・クロラと、メカニカルなシステムの中で生きる人間の描写に長けている押井守の組み合わせ。 理想的。 それだけの価値があった。 細かめで感情移入度合…

スカイ・クロラ 父殺し/神殺しについてだけの感想メモ

id:kanabow氏のスカイクロラの親殺し評がカッコいいって思った。 そいうふうに僕の見識を更新されるのは楽しい。見ても居ないのに。 夏だからー - 旧玖足手帖-日記帳- このような意見がありましたので、部分的な先行エントリを作成してみます。 作品全体を通…