放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

「そして二人だけになった―Until Death Do Us Part」 森博嗣

そして二人だけになった―Until Death Do Us Part―
そして二人だけになった―Until Death Do Us Part―


 森博嗣ミステリィらしいミステリィ初読。というよりミステリィ自体がほぼ初めて。


 コメントはどこまで書いて良いのか分からないけれど、一言で書くと「ずるい!」
 この作品は、ミステリィのパターンをある程度知っている人のほうが楽しめるかな・・・?
 どんでん返しで「破壊」されるべき物がぼくの中には無かったので、面白くもなんともなかったです。ただ荒涼とするばかり。


 作者や登場人物の哲学や思想と作中世界が直接的に繋がっている作りの作品が好きで、それの問答や思考を見るのが好きだけど、この作品で登場する問答は、本編と乖離しているとしか思えない部分が大きいのも印象が良くなかった。

追記

「アンチ・ミステリィ」という言葉の意味を調べてみたら、この本はその定義通りの内容だったのだと理解できた。「直球」より先に「アンチ」を読んでも、楽しむのは難しい。

さらに追記

「アンチ・ミステリィ」というより「メタ・ミステリィ」かも?