放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。代わりとしてカテゴリタグによる分類に力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。

ミハエル・シューマッハのF1ラストレース / 2006年最終レース「ブラジルGP」

 予選はマシントラブルで10位という結果。ラストレースの結果が地味なものに終わる予感がして、始まる前から寂しい、と思う。
 決勝ではタイヤバーストまで起きてしまって、その瞬間「こんなくだらない終わり方でF1から去ってしまうなんて信じられない。ピットに何とか帰還しても、もう終わり……」と思った。
 けれど、そんな逆境でもシューマッハの勝負は終わらない。
 「これが紅い皇帝の走りだ」と言わんばかりの猛烈な追い上げで、4位にまで順位を上げてゴール。
 ファステストラップ、ミハエル・シューマッハ
 ファステストラップはミハエル・シューマッハ。圧倒的に。彼は頭一つ抜けていた。

 落として持ち上げて落として持ち上げての、劇的な展開の連続。こんなに強いまま、引退するのか。
 辞めるなんて、嘘みたい。


 来年からはフェルナンド・アロンソが最強ドライバーということになったけれど、押しの強さやカリスマ性をあまり感じないから印象薄いです。。。
 自分はまだ若いせいか、ダーティでも逆境に強い表彰台ジャンキーなドライバーにとても強く惹かれます。