放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

ジョーと一緒に覚える格闘術

 といっても「あしたのジョー」に出てくるテクニックそのものは相当に非科学的ですが・・・・・・


 打撃を頭に受けてパンチドランカーになったり死んだり顔が歪んだりするのが一番困るので、防御を強化するためにとりあえずフットワークを軽くする練習をしてみています。
 少し慣れてきたら、決定打狙いで踏み込む時以外は前足も後足もかかとが接地しないようになってきました。
 かかとがいちいち接地している暇が無くなっていく感覚。


 スポーツとしての打撃系格闘技は、いわゆる喧嘩とはまるきり違った論理で動いているので、それが練習していて面白いところです。
 「大火力をぶつける」のではなくて「大火力を打ち込まれない」と「適切な打撃を打ち込む」という感覚というのか。


 ホ、ホーリーランドになる・・・・・・