放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

「ゲーム的リアリズム」の本も読まずにゲーム世界のリアルを語る自分は・・・・・・

 評論家*1が「ゲーム」というとノベルゲームやRPGばかりをとりあげるけれど、シングルプレイFPS等が持つ非言語要素で出来た物語と世界体験も評価してみて欲しい、と思ったので前回のエントリの最後でやや強引に繋ぎました。
 シングルプレイFPSの物語性や世界感覚は、テクノロジーの進歩で直接変革させられていくのが特徴。

*1:ぼくより断然頭がいい人と言い換えてもいい