放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

7月某日日記 / 雪国の裏返し

 ひどく憂鬱だ。感性を失ってしまった。

 赤ちゃんを預かっても、それほど感動はしない。ただ、子育てを越える正義はこの人類世界にはないだろうという思いはあった。

 雪国の人が冬家の中に閉じこもるように、私は夏に出たくない。