放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

2016年度のラジオ私的番組表・推薦リスト暫定版・4月中旬改訂版

 毎年恒例となった感のある番組表エントリの更新版です。

 長寿番組の多さはラジオの美点の一つでしたが、近年はインターネットの積極的利用によりルネサンス期に入ったのか、激動が続いています。*1


 『A&G NEXT GENERATION Lady Go!!』が全て終了したのは出演者全員が売れっ子になったのでやむを得ない感がありますが、それにしても上坂すみれの単独フリートークという暴走特急の聞ける番組が無くなってしまったのは大変残念です。伊集院光の次に面白いという位の、声優もしているラジオパーソナリティの領域で聞いていました。私的ラジオ史に大きく残る番組でした。

 最近の声優ラジオは女性二人か男性二人である特定のアニメ番組と関連付けられたものが多いため予定調和的になりがちで、その点においても残念です。私は一人しか出ない番組の密室感が好きなんです‥‥

 終わってしまう長寿声優ラジオ番組といえば何と言っても『田村ゆかりのいたずら黒うさぎ』は外せないでしょう。意外としっとり系の雰囲気が基礎にあり、キュートな役も演じられる大人の女性の番組という感じが好きでした。

 他にも、10年は聞いていたのではないかという感のある平日16時台の風物詩、NHK-FM『ミュージックプラザ』が終わるのが衝撃的。平日夕方の少しけだるい感じの中で聞くのに最高のBGMでした。その代わりとして始まる『ゆうがたパラダイス』はパーソナリティがあまりに若返りすぎて知識的厚みが減少しそうで大変不安ですが、赤い公園津野米咲のレギュラー放送が常識的な時間帯に聴けるのは楽しみにしています。以前は0300-0500 の『オールナイトニッポンR』にたまに出演しているのみでした。


 現在発見している新番組で最も大きな収穫は『宮沢章夫のすっぴん!』です。これは朝から昼までの長時間に渡って『ニッポン戦後サブカルチャ−史』が当時世代の投稿ありフリートークありで流れお楽しみ果てしないです。サブカルチャー史講座コーナーは podcast http://www.nhk.or.jp/podcasts/program/suppin.html で後から聞くこともできます。


平日(月〜金曜日)共通

 見づらい表ですみません‥‥月〜木と月〜金、さらに火〜金の番組が混在する状態を統合しています。

  • 0500 NHK-FM 小原孝弾き語りフォーユー(火〜金) (深夜の終わりを告げるきれいなピアノアレンジ曲が聞ける番組)
  • 0920 NHK-FM 音楽遊覧飛行 (週替わりテーマ・吉村喜彦の「食と音楽でめぐる地球の旅」 サラーム海上の「エキゾチッククルーズ」が共にワールドミュージック系で特に良)
  • 1130 NHK-FM 小原孝弾き語りフォーユー
  • 1400〜1600 NHK-FM クラシックカフェ(月〜木) (2時間枠ですがたっぷり聞けるという感じではなく、多様な曲を聴けるスタイルのようです)
  • 1600 NHK-FM 音楽遊覧飛行[再]
  • 1640 NHK-FM ゆうがたパラダイス (ミュージックプラザの後継番組。アイドル・アニメ・ロックという3テーマが既に判明していますが、アイドルは興味なくアニメは土曜のアニソンアカデミーが非常に分厚く、赤い公園は全員揃ってこその感があるので若干期待薄)(外部の専門ライターを招くことで厚みを十二分に増強して聴き応えある番組となっています)
  • 1800 NHK-FM 夜のプレイリスト[再](著名人が推薦アルバムを1日1枚紹介。しっとり系の落ち着いた番組です)
  • 2110 NHK-FM 南波志帆のミュージックライン (おそらく今一番普通で偏りのない新曲番組です)
  • 2200 FM スクールオブロック!(2355までの二部構成・青春ラジオ)
  • 0000 NHK-FM 夜のプレイリスト
  • 0200 NHK-FM ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート(1940〜60年代中心のジャズを含めた洋楽中心)(月〜木)
  • 0300 NHK-FM ラジオ深夜便 にっぽんの歌こころの歌(1960〜70年代中心の懐メロ)(毎日放送

月曜日

火曜日

  • 1000 NHK-FM MISIA 星空のラジオ[再] (意外とかわいい感じ、ほのぼのとした感じながら音楽も高感度のハイクォリティ番組)
  • 2300 NHK-FM MISIA 星空のラジオ
  • 2500 A&G 洲崎西 (驚異のアニメ化までされた声優ラジオですが、若干ネタが単調な感も‥‥)
  • 2500 AM 爆笑問題カーボーイ (長年聞いていたこの番組ですが、ハガキ職人放送作家になるしかないというハングリー精神のギラつきが若干つらい‥‥)

水曜日

木曜日

金曜日

土曜日

  • 0710 NHK-FM ピーター・バラカンのウィークエンドサンシャイン
  • 1400 NHK-FM アニソンアカデミー (25〜35歳かそれ以上向けの渋い選曲のアニソン番組です)
  • 1705 NHK-AM ちきゅうラジオ第一部 (世界各地の日本人が電話やメールでその土地の暮らしや習慣を語ったりする番組です)
  • 1805 NHK-AM ちきゅうラジオ第二部
  • 2100 NHK-FM 片山杜秀 クラシックの迷宮 (サントリー学芸賞受賞者であるパーソナリティが毎回ワンテーマに沿って有名曲から珍しい曲まで作曲経緯含めて紹介し知的好奇心が満たされます)
  • 0000 AM 林原めぐみ Tokyo Boogie Night

日曜日

  • 0810 NHK-FM 現代の音楽 (現代音楽の番組です。パーソナリティの作曲家・西村朗のぶっちゃけトークを聞くと現代音楽界のイメージが変わります)
  • 1400 FM 山下達郎のサンデーソングブック
  • 1530 FM スカパー日曜シネマテークAVANTI のスタンことグレゴリー・スター出演)
  • 1600 FM 福山雅治 福のラジオ(スズキの一社提供が終わりました)
  • 1600 NHK-FM 洋楽グロリアスデイズ(80年代洋楽)
  • 1705 NHK-AM ちきゅうラジオ第一部
  • 1805 NHK-AM ちきゅうラジオ第二部
  • 2005 NHK-AM らじらー!(スクールオブロック!的な中高生青春ラジオ)(2300までの二部構成)
  • 2100 NHK-FM サウンドクリエイターズファイル

不定期・低頻度放送

  • 2230 NHK-FM ライブビート(毎月最終日曜日)
  • 2500 文化系トークラジオ Life(偶数月第4日曜日)(あまりにも低頻度すぎて本当に放送されているのかすら分からない状態に陥っています)

放送地域外で内容を把握できていないが気になる番組

終了番組に関する一言コメント

 フリートークは声優ラジオ史上ナンバーワンという程。マニアックな話題をうまく紹介するその話術を学ばさせて頂く感さえもありました。最近はファン層がひどく悪化していてtwitter休止にまで至ってしまい大変残念。

  • A&G 矢作・佐倉のちょっとお時間よろしいですか

 矢作パイセンが結婚したためか、何となく流れで終了した感が‥‥。

  • A&G あおいさおりの新番組

 日曜の昼前に再放送を聞くことが多い番組でした。のんびりしたモラトリアム的な空気にぴったり。基本的に劇団員系のノリだと思います。

 あまり熱心なリスナーとは言えませんが‥‥。最近珍しくなった90年代と変わらないクラシックスタイルのAM声優ラジオで、あまりはしゃいでない落ち着いた雰囲気が好きでした。「スターチャイルドレーベルでおなじみのキングレコードの提供でお送りします」のナレーションが聞こえてくる番組。そのスターチャイルドも今年度で終了してキング・アミューズメントクリエイティブ本部へと一本化されます。堀内賢雄のあのナレーションは自分が生まれるより前に始まって、死んだ後も続いていく永遠のものだと思っていました。

  • NHK-FM ミュージックプラザ火曜日 鈴木万由香の80年代以降のJ-POP(90年代以降から過去に拡大されました)

 自分の世代的に懐かしい90年代00年代ソングと最新の10年代ソングが共に楽しめるとても聞きやすい番組でした。末期は新曲紹介のテンポが鈍ってしまったのか古くなりすぎた感に‥‥

 私的に弱い90年代洋楽と、最近勉強してはまっている80年代洋楽を両方埋めてくれるとてもありがたい番組でした。私のような80年代マニア以外のリスナー的にはどうだったのかは分かりません。

  • NHK-FM ミュージックプラザ 矢口清治の洋楽HIT GRAFFITI(1960〜80年代のソウル・R&B系中心)

 1960〜80年代のソウルとR&Bチャートを紹介するような古い時代を掴むにあたってとても勉強になるタイプの番組で、今後この穴をどうやって埋めるのか、埋められる番組があるのか、疑問です。夕方のBGMとしてもベストでした。マーヴィン・ゲイを本当によく聞いたなあ‥‥

お勧めのラジオ番組などありましたらコメント欄・ツイッターのリプライなどで是非教えてください。特に声優ラジオは手薄な状況になっています。現在捕捉済みながらまだ聞いていない番組は‥‥

*1:書き出した結果、番組表が巨大化しすぎて影響を受けやすくなってるだけですね‥‥