放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

坂本真綾「ヘミソフィア」とアーチャー、ついでにベディヴィエール

イメージの実体化能力、それはすなわち強さの定義を写す鏡に他ならない。

 Type Moon作品はキーキャラクターの声優*1坂本真綾を起用することがきわめて多いのですが、これは代表作である『ヘミソフィア』の歌詞から受けたイメージも大きいのではないか?と気が付きました。

教えて 強さの定義
自分貫く事かな
それとも自分さえ捨ててまで守るべきもの 守る事ですか

ヘミソフィア 坂本真綾 - 歌詞タイム


 FGOでベディヴィエールが事実上の主人公となる『第六章 神聖円卓領域キャメロット』はライブで『レプリカ』を聞いてほぼ全て書き直したという逸話も思い起こします。

人類の失敗は望んだこと つきまとう影に立ち向かう力を
武器を向けたその標的が 鏡に映った自分だなんて気づきもしなかった

人類の欠点は 見えもしないくせに 愛とか絆とか信じられること
僕の罪はうたがったこと 差し伸べられた君の右手 初めて見たヒカリ

レプリカ 坂本真綾 - 歌詞タイム