放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

2005-06-07から1日間の記事一覧

カルチャーで飯を食う人

自分はサブカルチャー的なものがかなり好き*1だし、自分で何か書いてみたりしたいと思ってはいるけれど、どう転んでもそれ単独で食うのは不可能だと思っているから、機械の設計士(?)をしながら作家をしている小林泰三はあこがれ。 サブカル的なものを学ぶ…

ハードSFって今流行ってるの?

現実には存在しない世界をその小説の中で無理が無いように辻褄を合わせて完結させる楽しさと、凄まじい世界を見て旅をする楽しさがあって特に好きなジャンルなので流行ったら嬉しい。 上の「海を見る人」と同時期に出たハードSF「太陽の簒奪者」や「星空の二…

「海を見る人」 小林泰三

Amazon.co.jp: 海を見る人 (ハヤカワ文庫 JA) 同著者の映画化されたりした有名な「玩具修理者」よりこっちのほうが自分はずっと好き。 ハードSF7篇それぞれの間にファンタジー的な語り部の話が入って、それによりばらばらな異界が繋がれて、各シナリオは昔…