放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

2006-02-03から1日間の記事一覧

「ラーゼフォン―時間調律師」 神林長平

Amazon.co.jp: ラーゼフォン―時間調律師 (徳間デュアル文庫)ねだるな あたえて かちとれ 「もう何度、繰り返したのだろう?−−−ドーレムの襲撃によって死んだはずの村瀬明は、十六歳の少年として目覚めを迎えた。生と死のリフレイン。彼にわかっているのは、…