放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblog。代わりにカテゴリタグによる分類に力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

2006-02-22から1日間の記事一覧

最近と今後の読書に関するメモ4

漫画の話を復活させるかも。ちょこちょこ読んだので。

最近と今後の読書に関するメモ3

森博嗣の「アイソパラメトリック」を以前買ったものの、ページ数や文字数の割に読むのに非常に時間がかかる本なので、読み終わるより先に文庫版が出てしまいそう。 見開きごとに、写真と、意味があるのかないのか分からない一つの短編という構成。 こういう…

最近と今後の読書に関するメモ2

最近になってようやくサンリオSF文庫の実物を初めて見た。 とんでもなく高い値がついていて驚いた。古文庫一冊1000〜4000円って何。 収録書籍リストを見てみたら、気になる作家の本はほぼ全部ハヤカワか創元が出しなおしてると分かったので、思い出があるわ…

最近と今後の読書に関するメモ1

ハヤカワ書房の目録+書評本「新SFハンドブック」から読みたい本をいくつか選んだら、絶版だらけで、全然「新」でなく驚いた。わずか5年前の2001年出版なのに。新・SFハンドブック (ハヤカワ文庫SF)作者: 早川書房編集部出版社/メーカー: 早川書房発売日: 200…