放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblog。代わりにカテゴリタグによる分類に力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

2007-02-09から1日間の記事一覧

型にはまる安心感

「ギフテッド」という才能に対する概念と、それから起こる「アンダー・アチーバー」の存在を知る。 ギフテッド - Wikipedia まず「浮きこぼれ」になって、それから「こぼれ」の要素が激しくなりすぎて精神のバランスを崩して「落ちこぼれ」になっていった自…

成長するというのは固定してしまうことだって、今までに一体何万人の人が言ったんだろう?

「ぼく」と「君」で歌われる世界は 男の子→女の子 男の子→男の子 女の子→男の子 女の子→女の子 という4通りのとりかたが自由に選べて、その柔軟さが好き。 「子って歳かよ」という人間でも、大人と子供は同じ生き物だから、こんな言葉を使いたい気持ちはそう…

空耳は希望から

オタクらしく(?)最近新居昭乃の歌を聴いていて、そのなかでも好きな「ガレキの楽園」に出てくる歌詞の 「その未来半分をくれるのなら 灰色のやせた絶望が遠く遠くなるよ」 がどうしても 「その未来半分をくれるのなら 灰色のやせた絶望がトクトク鳴るよ」…