放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

2011-09-24から1日間の記事一覧

ミクロからマクロへ・編成で読むマルチアングル化された個人戦記

先のエントリのように個人戦記の筆者がどの部隊に加わっていたのか記録すると、戦記と戦史さらに他の個人戦記が立体的に組み合わさって相乗効果で読みの厚みが増してなかなか面白いです。 今回はろ号作戦、空母乗員の乗り合わせ、第343海軍航空隊の構成員に…

「零戦搭乗員空戦記―乱世を生きた男たちの哲学」

零戦搭乗員空戦記―乱世を生きた男たちの哲学 (光人社NF文庫)作者:坂井 三郎発売日: 2006/11/01メディア: 文庫 この本は私的零戦ブームにあわせて貰って読みました。 タイトルに反して哲学は特にありません。 緒戦の勝ち戦が終わって末期戦寄りのタイミングで…