放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

ドイツの高射砲塔 flakturm 軍事資料室 日本語圏におけるマイナー兵器データベース(旧Webサイト復刻版)

旧Webサイト復刻版トップへ
(以下保全作業を開始した2019年01月14日ごろの内容をそのまま収録しています。デザインはblog用に再構成してありますが、都合により崩壊している部分に関してはご了承下さい。内容は原本執筆当時のものです)

第二次世界大戦ドイツの高射砲塔
http://www.geocities.jp/kanabow11/weapon_data/flakturm.html

高射砲塔 "flakturm"


注:現在のこの文章はひどく中途半端なメモ程度のものです....日本語どころか英語資料もなんか少ないような・・・・


ベルリンの高射砲塔
設置箇所・複合体数ベルリン動物園
フンボルトハイン
フードリヒスハイン
G塔戦闘設備128mm連装高射砲4基
37mm4連装機関砲
20mm機関砲
G塔防護設備避難民8000名収容設計のシェルター(ベルリン動物園塔)
#最大時は3万人ほど収容したそうです
フンボルトハイン塔は4万人収容したことも
L塔ウルツブルグレーダー
マンハイムレーダー
20mm機関砲


ハンブルグの高射砲塔
設置箇所・複合体数ハンブルグ
ヴィルヘルムスブルク
G塔戦闘設備128mm連装高射砲4基
37mm4連装機関砲
20mm機関砲
G塔防護設備1万8000人収容設計のシェルター
L塔ウルツブルグレーダー
マンハイムレーダー
20mm機関砲


ウィーンの高射砲塔
設置箇所・複合体数アーレンベルク公園
シュティフト
アウガルテン
G塔戦闘設備128mm連装高射砲4基
G塔防護設備避難民15000名収容設計のシェルター
L塔ウルツブルグレーダー
マンハイムレーダー


ブレーメンの高射砲塔
計画のみ

第二次世界大戦中ドイツにおいて都市防空のために作られた高射砲塔
砲撃を行う"G塔"と、管制を行う"L塔"2基が1セットになって運用されていました
G塔とL塔は300~500mほど離れて設置されました


現在の疑問・・・・

マンハイムレーダーって?

Command Device 40とShot Indicator System 37は何なのか

3都市の市街図が欲しくてたまらない GoogleEarthの登場で雰囲気がつかめるようになりました。

「兵器の値段」の元本との食い違いがあるため、現在調査中です



宮崎駿の雑想ノート」やPS用ゲーム「アインハンダー」でもおなじみ(笑

補足


第三帝国の遺跡

ベルリンのフンボルトハイン高射砲塔と、ハンブルグザンクトパウリ高射砲塔の写真と日本語での解説が掲載されています。


flaktuerme in Wien

Berlin Air-raid Shelters, Flak Towers and Bunkers

以上のサイトで高射砲塔の写真と解説を見ることができます


Haus des Meeres
現在は内部が水族館や動物園になっている高射砲塔
ウィーン・シュティフトの複合体のうちの一基のようです


現在ウィーンには6基の高射砲塔が残っています


高射砲塔の建造費

-----補足(2005.6.21.)-----

ベルリンに残る高射砲塔のうち一つが美術館に改装され、屋上にペントハウスが建てられたそうです。