放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」


いかに上手く、長時間仕事をしているように見せかけるか、が上手いんだと思われ。
日本人はいい意味で狡猾なところがあるから、同じ仕事量にいかに多くの時間をかけるかが勝負。

電話を次の部署に回すのに、15分かけられるようになり
実際はありえない机上の理論で、現場を納得させられ
1+1=2をあらわすのに、因数分解微分積分を用いることができて
問題が起きたとき、他人に責任をなすりつけられるようになり
明らかに正しいことが前もって判っているのに、そのことで3時間もの間会議をすることができれば、キミは一人前だろう。

これ、ホントだとしたら私一生就職したくない!(笑