放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

「ジェットエンジンに取り憑かれた男」 前間孝則 (ISBN:4061852043)

プロジェクトX的エンジニア物語を得意とする前間孝則氏著の、いかにして技術者と石川島播磨重工業が日本の技術でジェットエンジンを作り上げるのかの物語。
戦争中の物資欠乏の中作り上げた橘花のネ20エンジン、航空研究禁止の中も陸用ガスタービンで研究を続け、そして解禁後のJ3、欧米に並び共同開発となったV2500、と・・・・・


技術者の不屈さと、補助があったとはいえ何故これだけ長い間利益も出ない事業を続けられたのかということに驚き。今だったら、さっさと諦められてしまいそうな気がなんとなくしてしまって。


専門用語ばりばりといったタイプの内容なので、エンジンがいかにして動くのか等をいくらか知っていないと何をやっているのかまるでわからないかも。。。


本で描かれたIHIジェットエンジン史の年表
http://www.ihi.co.jp/ihi/products/jet/jeteng/ayumi.htm


#キーワード「前間孝則」を作ってみました。が、著作等をどう解説に入れればいいのか、いまいちわからなかったので尻切れトンボっぽい解説にしちゃったー・・・・