放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

貴様、俺のF1をどうするつもりだ!

ハートマン軍曹ふうに。
2005年レギュレーション見てたら、1970年代あたりに戻すためにやっているのかという気がしてきました。
2.4Lの90度V8エンジン限定というのはサイズ小さすぎ+形式指定で寂しすぎるし、可変長給排気管や可変バルブタイミングって禁止する必要があるほど危険で高額な部品だって思わなかった。。。。
フロントウイング高さもまだ上げるらしいけど、2004で十分に高くないかい・・・?プロエンジニアから見ると全然違うのかな。
タイヤ交換禁止で給油はOKになりそうですが、給油よりタイヤ交換のほうが絵的に面白くて安全だって考えるのは誤りってこと!?わたしは給油のほうが危険なんじゃないのと思いますが・・・
MotoGPはエンジン気筒数で制限重量が違っていますが、これみたいに複数クラスを一遍に戦わせるようなルール作るのって、ダウンフォース等がある車じゃ無理なのかな。
(ばらばらな文章になってしまった。どうやればうまく繋いだりできるのか・・・・)