放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

書評系のエントリが少なくてごめんなさい

 ここを見ている人は書評系の話題を期待している人が多いみたいですが、最近フィクションの書評の書き方が急激に分からなくなってきて書くのがひどく苦手になってしまいました。
 物語というものは「これこれこういう話だった。それでこう思った」っていう具合に簡単に還元することもできるんですが、そんなことをしてしまうと切り捨てられる部分があまりにも多いってことに気が付いて、それでいいのかという不安がとても強くなって、元の文章力の低さも相まってごく少しずつしか書けない状態になっています。


 こういうことって、自分で小説を書いてみて段階一つ一つを組む練習を始めるまで気が付かなかった。


 畏れ多くなって評論できなくなった自分は、「ヨイコノミライ」でも読んでみるかな。