放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

書けない。

 上手く書かなければならないという自分に対する抑圧とそれに応えられない力不足から、語る言葉をすっかり喪失してしまった。
 評論系の立派な文章を見てしまうと、自分なんかが書いても無駄な気がしてきて・・・・・・

 こんなときは、手持ちの言葉を使って無理にでも不格好にでも仕立て上げて、後から延々と改修を続けるという行き方以外に道は無い?