放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

 _ノ乙(、ン、)_

 こんな得点だったけれど受験票が来た。来年は素晴らしい得点を取らないと足を切られるレベルを狙わねば、狙わればならぬのだ。けれど今年は誰にでも来る。
 ぼくは、本当は、このページを書いたりしている場合では、ありません。書いてアウトプットしないと頭がオーバーフローするから書いている。