放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

WikiPediaの名文を再掲

素描 - Wikipedia

・デッサン力とは
優れたデッサンを模写することはデッサンとは呼ばない。 デッサンの要に、着眼点がある。着眼点をどれだけ表現上に保存できているかが、デッサン力の有無といっても過言ではない。 その着眼点とは、ムーヴマン(動勢)、マッス(量塊)、フォルム(形)、ボリュム(量感)であり、それらは、石膏像が石膏像、人物が人物、静物が静物たりうる認識理由として、対象に内在する。 技術は適所にある事で成立するが、この意識の問題は、理解と時間無しには成り立たない。その理解のうえでの技術、デッサンならば、多少稚拙、技術足らずでも、表現を近しめることが可能になる。重要なのは意識にあり、意識という技術にある。