放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

ジャンクでインダストリアルな 魔法少女まどかマギカ 第4話 「奇跡も、魔法も、あるんだよ」

魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
Amazon.co.jp: 魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

あらすじ

 さやかの上条くんとの面会は習慣となっていた。リハビリ中で会えなかった日、手の障害回復が思わしくないことから「私の手なんて動いても意味がない」とただ落ち込む他ないのであった。一方、マミの死の衝撃が冷めやらないまどかは、家族と食事ができる何でもない幸せに泣きだしてしまう。

 翌日の学校。まどかとさやかは休み時間に屋上で「何だか世界の見え方が変わっちゃった……誰にも知られず戦って死んでいくなんて……」と語り合った後、キュウべえからマミ不在後の街の守りについて簡単な説明を受ける。

 夕日の中の下校時、まどかはほむらから、魔法少女の死に様というものについて忠告じみた教えを受ける。一方さやかは上条くんに再び会うが「治らない自分がもう弾けない音楽を聞かせようとするなんて嫌がらせなのか!?」という怒りを受け、「奇跡も魔法もあるんだよ」と売り言葉に買い言葉のように応える。

 そして夜。まどかは街で魔女に憑かれ正気を失っている仁美と出会う。仁美と共に集団自殺しようとしている人々を、魔法少女剣士となったさやかが救う。だがそこに魔女の遺産を狙う 杏子 が駆けつけ縄張り争いが始まろうとするのだった。

回想と感想

 この回は説明的な要素や伏線のための要素が多すぎて、初見時は特に感想なく流していました。さやかが魔法少女になる以外、お話を動かせる要素はなさそうでしたし。


 今、終盤の展開まで知って見ると、極度に気色の悪いグロテスクなエピソードです。

 特に、先生の「確かに出産適齢期というのが医学的根拠に基づくものですが、そこから逆算で婚期を見積もることは大きな間違いなんですね。つまり30歳を超えた女性にも恋愛結婚のチャンスがあるのは当然のことですから、したがってここは過去完了形ではなく、現在進行形を使うのが正解」発言は魔法少女が成長すれば魔女になると明らかになってから聞くとかなり不愉快です。

 ホラー系の作品だから別にいいんですけどね。ルールがはっきりと分かる前なので先生の自虐ネタとして流されます。ちょっとしたダブルミーニングになっているんですね。

 その後の下校時、後に時間旅行戦士だと明らかになるほむらは「マミさんとは別でベテランみたい」と問われて「数えるのを諦めるほどの死を見てきた」と発言していたりします。

 伏線を押し込んだような話の運びですが、過激な言葉選びとセリフ回しの良さのせいか、非常に高い緊迫感が維持されています。『Fate/Zero』の「川柳戦争シリーズ」*1はこの感覚の延長線上にあるものでしょう。


 この回に登場する魔女の精神攻撃による「洗剤を使っての硫化水素自殺」「インターネット利用集団化」は製作当時の時事的話題で、一見抽象的な世界にジャンクな現実要素が挟まることで奇妙なリアリティが出ています。

 人形のような人間が、道理の通らない世界で、現実のように壊されるという寓話感覚は今作の大きな魅力。


 魔女空間はゾートロープとPCを組み合わせたような不可思議なもので、飲み込まれたまどかの主線が無くなりふにゃふにゃヒラヒラの不定形状態になってしまう表現は通常空間と画作りが全く異なっていて、物事の因果関係が通じない世界らしくとても効果的でした。

 その後に現れるさやかの剣技での大活躍。斬り捨てられた魔女から吹き上げられる黒い血と、ドチャッと飛び散る内臓には特に触れられない。


 ファンシーとグロテスクが同時進行する魔女空間描写が、極度に無機的でインダストリアルな通常空間描写と好対照を成し、誰にも知られず殺し殺される暗闘世界観を強化しています。

細か目の感想

  • 通常空間のインダストリアル感は効果音の効果が大。
    • 屋上で聞こえるのは風の音と、アルミポールに響く旗のなびき(たぶん……)の「カン、カカン、カン」という音だけ。
    • 下校時に聞こえるのは「コオォォ」という遠いクルマのロードノイズ。「ヒュコゴォォ」と遠くに聞こえるジェット機のエンジン音。
      • 木はおろか、草一本だって見えない。
  • 音響監督は鶴岡陽太
  • 梶浦由記Kalafina による音楽は、歌詞が有るが意味をとることは不可能な点が作品の不条理性を高めている。
    • 「神さえ砕く力で 微笑む君に会いたい」(空耳歌詞で実際の歌詞とは異なります)
      • 奇蹟を起こすのは神の力。それさえも超えようとするなら……
  • さやかが持っているCDプレーヤのデザインが非現実的な点もインダストリアル。ディスクの一部をクリップで挟んだだけで露出したまま回転させるような構造になってる。

2013年11月25日の追記:この作品は2013年12月25日にBDBOX版が発売されます

魔法少女まどか☆マギカ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
魔法少女まどか☆マギカ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)