放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

連続アニメ・ドラマ連続レビュー

 「鑑賞」と「消化」ではその面白さは比較にならない。

 90年代世界の結晶体。善なるものへの祈りが人々の運命を狂わせる。

 怪作・奇作だが名作。アニメを見て作られたアニメで、極度に作為的な世界だからこその奇妙な迫真性と緊張感で満たされている。

 テレビシリーズで長旅を共にしたからこその発動編の重み。
 社会で生きる人の業は宇宙をも引き裂く悲劇を招く。

 決して負けることのないエネルギー。見ていて疲れるほどの。

 実は映画と大幅にニュアンスの違うテレビシリーズ。これを見ずしてガンダムは語れないとしても過言ではない。
 少年は戦いを通し社会人となり、未来を垣間見る。
 ビームサーベル道に生きるクールな殺陣の剣豪ドラマとも見られる多層性。
 私事ながらこの連載によりアニメに対する観察眼と執筆力が芽生えた。

 任侠サイバーパンク。画や音楽は洒落ているけれどシナリオが限度を越えて薄味。

以下準備中リスト

 ほぼリアルシンジ世代の私にとって最も思い出深い作品。その記憶が失われる前に畢竟のレビューを。

 私の中の1990年代を総括する作品に当たるが、かなりの量の記憶が失われている。ルネサンスの旅へ。