放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

kindle Unlimitedをフル活用!趣味性強い雑誌を読みまくります!

入会はこちらのバナーから

 このサービスは毎月980円で数万のタイトルが読み放題‥‥なのは良いのですが、まともなカタログがなく対象の本を見つけるのが難しい上に頻繁に入れ替わっており、マンガも1~3巻のみだったりと使い勝手は決して良いとはいえません!

 そこで、この記事では私が特によく見るもの・気になるものをカタログ的にまとめて紹介いたします!いずれも長期にわたって対象タイトルとなっている信頼できるラインナップです!

 !!!が多い!!!
 続けると疲れるため以降は「ですます調」で比較的淡々と。

 このカタログは自分自身が使うことに重点を置いて制作しました。

文化

 間口広くここから‥‥

カーサブルータス

 ファッショナブルな一般向け建築雑誌といえばこれです。
[asin:B09VGTZZKQ:detail]

Pen

 教養のさわりを美しい写真と共に。

モータースポーツ・カー&バイク

 この分野がコストパフォーマンス最高と断言できます。三栄書房のものは大半がカバーされています。かなり高額な書籍も追加されている事が多いです。

F1速報

 こちらも速報性重視で。毎号買っていると金銭的にも物量的にもちょっと重くなりがちです。電子なら古い号を見返しやすくアーカイブ性が高まるのも高ポイント。最近のF1はリバイバルブームの感がありますね。

 歴史総まとめ系のものも対象です。例えば懐かしのセナ・プロからシューマッハへ。

Motor Fan illustrated(モーターファンイラストレーテッド)

 約1760円と雑誌としては高価なため、これだけのために契約しても元は取れるでしょう。市販車のメカニズムを細かめに知りたい方向け。

Racing on(レーシングオン)

 こちらも約1600円と雑誌としてはなかなか高価。資料性重視型モータースポーツ雑誌で、いつどの号を読んでも。スポーツプロトタイプやGTカー好きなら特に必読です。

 総集編プラスのアーカイブ号も読めます。

GP Car Story

 タイトル通り往年のF1カー一台で一冊まるごと徹底解説。名車は言うまでもなく迷車の部類になるものすら何故そのような設計がなされたのか調査研究が行われている点もこのシリーズの魅力です。F1・WRCWGPMotoGPの各シリーズは海外にもコレクターがいて翻訳版が望まれているくらい高評価なようです。(Racersはそれを受けて途中から横書き向けレイアウトに変わりました)

Rally Cars

 こちらは一冊丸ごとWRCカー。

Racers 外伝シリーズ

 往年の名レーシングバイク一タイプ・名レーサー・名設計者一人で丸ごと一冊・理由不明ですが外伝のみ電子版対応です。参考画像のTS020ならアイデアマンであるアンドレ・デ・コルタンツとの対談を収録。

日本の名レース100選

 伝説の1レースで一冊丸ごとのシリーズもあります。まだ少数しか電子版対応していませんが、今後増やしてくれるはず‥‥?

ライダースクラブ

 1980~90年代といった古い時期の号は文化的な色が濃いためオススメです。上段は今や幻のバイクとなったエグリ・ターゲット。中段は表紙のグラフィックデザインセンスが素晴らしいビモータ特集。
 下段のような近年発売のものは正直に言ってネタがループしている印象です。(膝すり・コーナー怖い・ビッグバイク乗りこなし・最近の技術的トレンド‥‥)

 エイ出版は一冊にまとめた本もkindle Unlimited対象が多いです。例えばこのように4500円から7000円超と高額のものでも。

CAR STYLING(カースタイリング)

約2300円の高額雑誌です。2019年で発行は終わってしまったのでしょうか?

高速有鉛デラックス

 1970~80年頃の有鉛ガソリンから無鉛ガソリンへと変わっていく時代を中心にネオヒストリックカーを当時モノの感覚で取り上げた大変ユニークな雑誌です。さらに珍しいヒストリック商用車の話題も多数。

ミリタリー&メカニック

世界の艦船

 およそ1年前の号からkindle Unlimited入りします。速報性以上に資料性が高い雑誌のためこのように遅れてもそう大きな問題になりません。一つの題材を深く掘り下げ決定版にあたる増刊ならなおさら。

世界の艦船 2021年 5月号

世界の艦船 2021年 5月号

  • 作者:海人社
  • エートゥシー・プロダクション
Amazon

 海軍関係といえばこのシリーズも対象です。

J Wings (ジェイウイング)

 空自に特に強い雑誌。写真が美しいです。解説が全体的に丁寧です。

J Ships (ジェイ シップス)

 J Wings が空自なら、こちらは海自版。これも写真が美しいです。日本国内限定にターゲットを絞った構成ならではの狭くて深い取材が案外多いのも面白い所です。過去には潜水医学実験隊など印象深かったですね。

エアライン

 ミリタリーではないですが、ファン層重なっているでしょうという事で紹介します。イカロス出版は最近電子化に力を入れていてありがたいです。

ミリタリークラシックス

 タイトル通り第二次世界大戦など現在から見ればほとんど歴史上の時代の兵器や戦いをもっぱら題材にしており、英雄譚感覚でリラックスして読める雑誌です。(意識的にそのような編集方針が取られています)

月刊Gun Professionals

 エアガンでなく実銃・機械としての銃の雑誌といえばこれです。かなりのマイナー機種まで細かく解説がなされます。軍・法執行機関向けか競技用といった一般人が趣味実用で持つ訳ではない機種についても細かめに解説されます。ピストルの実射テストが多すぎるのが個人的に不満ですが‥‥。(ライフル・ショットガン・自動火器と比べると個人が手に持って撃ってテストした程度で違いを解き明かすのは不可能な分野かつメカニズム的な新味に欠ける分野と考えるためです)

月刊アームズマガジン

 サバゲーをプレイする方、現代軍装への関心強い方はこちらも。

競馬

 競馬がお好き? けっこう。ではますます好きになりますよ。

優駿

 究極的に美しい写真をタブレット端末やPCで見る喜び。スポーツとしての競馬を楽しむならこれが一番であると断言できます。人類が古より続けてきた伝統的スポーツの歴史の厚みを体験できます。別冊子の重賞メモリアルもきちんと収録されており、レース展開解説図・優勝馬のブラックタイプ込み血統構成・善戦馬紹介など緻密に展開を楽しめます。およそ1年程度前の号まで読む事が可能。買っても580円程で、内容を考えると極端に安価です。

週刊ギャロップ

 週刊の雑誌で700円以上というのはなかなか高額。そこでこのサービス。予想と先週の回顧と馬産・馬主・調教師コラムのバラエティ感でバランス良く楽しめます。2週間程度でアンリミテッドから外れます。

マンガ

電撃だいおうじ

 ハンバーガー「忍者と殺し屋のふたりぐらし」などキャラの可愛さ×変化球なタイトル多い雑誌です。最新号とその1つ前くらいまで。

その他趣味の雑誌

ファミ通

 ゲームといえば昔から続くこれ。近年はこのようにモバイルのみのゲームが特集されたり、PC Steamのインディーズゲームも扱うほか、SFC・PS・PS2レトロゲームの部類に入る作品の周年企画も多数で幅が広がりました。

モデルカーズ

 モデルカーのコレクションのみならず、自動車文化と模型文化の交点を扱うような内容が多いです。この号は絶版久しいいすゞの乗用車を特集。

ホビージャパン

 ガンダムをはじめとするキャラクター系の模型ならこちら。最新から1ヶ月遅れるため、シーンを最速で追っている訳ではないがキャッチアップはしたいといった位なら。

特別な増刊号も読めます。これは高級な雰囲気が良かった。模型を起点にロシアを旅する。イギリス編も。

歴史的な号も。



入会はこちらのバナーから

2022年度のラジオ私的番組表(6月下旬初版)(9月下旬修正版)

 今回は新番組・終了番組少なく代わりに時間帯変更がかなり多いです。シーズン変わり直後に制作したため内容は随時更新されます。網羅度を極限にまで高めたため実際に聞けていない番組の比率がいくらか増加しています。

特に大きな番組変動

  • 超A&G ヨルナイトを聞くようになったため、平日12時・24時に1時間の帯番組出現。絶対的な時間が特に長い枠となりました。
  • NHK-FMの夜のプレイリスト18時台再放送が10時台に移動しました。夕方の雰囲気込みで好みだったので残念。10時台は対抗番組少ないため聞きやすくはあります。
  • A&Gで特に急上昇中だった石見舞菜香・ファイルーズあいの凸凹Saturday Night☆~マジ東風イェア~終了。人気不足と事務所のプロフィット解散関係?
  • JUNKvsオールナイトニッポンの競争が発生するようになりました。これはオールナイトニッポンのパーソナリティ変化によるものです。

月曜日

  • 0800 A&G 学園祭学園 青木佑磨のザ・ゴールデン・ゴールド・ゴー・ゴー[再]
  • 1000 NHK-FM 夜のプレイリスト[再](著名人が推薦アルバムを1日1枚紹介。夕暮れと夜の似合うしっとり落ち着いた番組です)
  • 1200 A&G 鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト[再](月曜日はマンスリーアシスタント登場)
  • 1600 NHK-FM 世界の快適音楽セレクション[再](ゴンチチによる究極上質音楽番組です)
  • 1900 A&G 石原夏織のCarry up!?(喋ってる自分がゲラ過ぎる事が可笑しくてさらに笑ってしまうようなテンションで、ちょっと中毒的な面白さ)
  • 2130 NHK-FM ミュージックライン(CMなく毎日ゲスト登場のじっくり目のJ-POP番組です)
  • 2300 NHK-FM 松尾潔のメロウな夜(未だおしゃれナンバーワンといっても過言ではないR&B番組。ちょっと切ない系の選曲が多く23時台の空気)
  • 2400 NHK-FM 夜のプレイリスト
  • 2500 AM TBSラジオ伊集院光の深夜のバカ力(昔のような無茶な勢いはありませんが、落語経験者の熟練の話術といった方向でまた新たな楽しみが生まれています)
  • 2530 A&G Lynnのおしゃべりんらじお(自分は深夜のバカ力聞いてますが、こちらも面白いです。競馬等アニメ・ゲーム系でないトーク多め。構成作家洲崎西と同じふかわげんき)
  • 2600 A&G 三澤紗千香のラジオを聴くじゃんね!(リピート回数がなかなか多いこの番組、月曜深夜が初回放送)
  • 2700 AM TBSラジオ系 CITY CILL CLUB(タイトル通り、シティでチルな音楽の2時間。Lo-Fi系好きなら。深夜3時開始5時終わりという時間帯にあわせた選曲。曜日変わりの月ゲストがチョイス)

火曜日

  • 0920 NHK-FM 音楽遊覧飛行
  • 1000 NHK-FM 夜のプレイリスト[再]
  • 1200 A&G 鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト[再](火曜日はレギュラーアシスタント沢口けいこ+リスナーからの音ネタ・深夜の三角コーナー)
  • 1330 A&G Lynnのおしゃべりんらじお[再](深夜のバカ力と放送時間が重なっているためこちらで聞いています)
  • 1430 A&G 悠木碧のこしらえるラジオ
  • 1530 A&G CLUB MIX プレリス![再](タイトルはクラブと入ってますがアニクラ感は特にないです。普通にアニソンオンリー番組)
  • 1630 A&G 丹下桜のRADIO・A・La・Mode[再]
  • 1730 A&G 渕上舞のとりあえずまぁ、話だけでも。
  • 2005 NHK-AM アニメ・ステラー(新番組です。NHKらしくカルチャーとしての日本アニメといった方向性だと思われます→昔の「渋谷アニメランド」みたいにいいです。渋谷アニメランド新海誠回ものすごく好きなので何らかの形で再放送聞きたいです)
  • 2130 NHK-FM ミュージックライン
  • 2400 A&G 鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト(火曜日はレギュラーアシスタント沢口けいこ+リスナーからの音ネタコーナー)
  • 2400 NHK-FM 夜のプレイリスト[再]
  • 2530 A&G 安野希世乃のきよなび!(FMっぽいクリーンな感じです)
  • 2600 A&G 高垣彩陽のあしたも晴レルヤ(昔ながらという感じの声優ラジオ番組です。トークに出てくるスフィアのチーム感も好ましいです)
  • 2630 A&G 伊福部崇のラジオのラジオ(「豊田萌絵のアイドル畑でつかまえて」が地上波の「ヴァイナルミュージック」へと発展的終了したあと枠移動して入りました。リスナー層合う感じです)
  • 2700 AM Creepy Nutsオールナイトニッポン0(ZERO) (音楽に入れ込みすぎて若干狂気入ってる所が聞いていて楽しいです)月曜25時に移動しました。リアルタイムなら深夜のバカ力との競争に敗退。

水曜日

  • 0920 NHK-FM 音楽遊覧飛行
  • 1000 NHK-FM 夜のプレイリスト[再]
  • 1200 A&G 鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト(学園祭学園・青木佑磨が登場)[再]
  • 1300 A&G 洲崎西[再](この枠で聞くとお昼のFMトーク番組っぽさがありますね)
  • 1430 A&G 伊福部崇のラジオのラジオ[再]
  • 1500 A&G 学園祭学園の喋れ!学園祭[再](「ラジオのラジオ」とこの番組が連続で並ぶのは良いですね)
  • 1530 A&G 渕上舞のとりあえずまぁ、話だけでも。[再](フリートークのシリアス度が妙に高かったりぶっちゃけ感が強いちょっとロフトプラスワンのイベント系のノリがあるラジオです)
  • 1700 A&G上田瞳高柳知葉のしゃべりたりnight[再] (声優業界青春真っ只中感ある二人が良いです)
  • 2130 NHK-FM ミュージックライン
  • 2400 A&G 鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト(帯番組ですが水曜は学園祭学園・青木佑磨が登場し特に楽しみ)
  • 2400 NHK-FM 夜のプレイリスト

木曜日

  • 0920 NHK-FM 音楽遊覧飛行
  • 1000 NHK-FM 夜のプレイリスト[再]
  • 1200 A&G 鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト[再](木曜日はゲスト登場)
  • 1600 NHK-FM サウンドクリエイターズファイル[再](この時間帯としては非常に珍しいディープな番組であるため強調する意義が大きいです)
  • 2130 NHK-FM ミュージックライン
  • 2330 A&G 上田麗奈のひみつばこ(キュートな声優2連続の配置になりました)
  • 2400 A&G 鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト(木曜日はゲスト登場)
  • 2400 NHK-FM 夜のプレイリスト
  • 2600 A&G 阿澄佳奈 星空ひなたぼっこ(「演劇人」を感じる声優のラジオです。地元出身でフリートークのちょっとしたイントネーション感覚などにたいへん馴染みがあるのも私的に好印象)
  • 2630 A&G 能登麻美子 おはなしNOTE(能登麻美子青空文庫に収録されているような古典名作文学を朗読し、その後にフリートークやお便りのコーナーの番組です。声が好きなら。深夜らしい番組です)

金曜日

  • 0730 A&G 丹下桜のRADIO・A・La・Mode[再](この時間帯に聞くのもなかなか良いのではないでしょうか)
  • 1000 NHK-FM 夜のプレイリスト[再]
  • 1500 A&G 裏方[再]
  • 1600 A&G 超!A&G+ スペシャル(週替わりの特別企画で、この時間が初回放送です)
  • 1730 A&G 「虚構推理」 虚構ラヂオ(鬼頭明里の声か虚構推理シリーズが好きなら。月1回だけ更新)
  • 1800 NHK-FM 夜のプレイリスト[再]
  • 2000 A&G 学園祭学園 青木佑磨のザ・ゴールデン・ゴールド・ゴー・ゴー
  • 2400 NHK-FM 夜のプレイリスト
  • 2700 A&G 裏方(短期休止中)(おそ松さんのシリーズ構成などを担当した構成作家松原秀が主に編集者やアニメーター等をゲストに話を聞く番組です。声優ゲスト回もタレントというより「声優業」として扱われます)

土曜日

  • 0600 A&G 超!A&G+ スペシャル(週替わりの特別企画です)
  • 0700 ワシザキスタイル*ヨシオカモード[再]
  • 0730 A&G 渕上舞のとりあえずまぁ、話だけでも。[再]
  • 1400 NHK-FM アニソンアカデミー (長寿番組になりました。NHKらしい文化としてのアニメ・アニソンの番組で30代以上ほど)
  • 1630 A&G 学園祭学園の喋れ!学園祭
  • 2400 A&G 田中美波のかもんみなはうす(土曜深夜は今のTVアニメ業界で最も強力な作品を繰りだしているソニー系がその中でもフラッグシップ作品を放送するのに充てる枠であるため、かなり聞きづらいです)(2019年イベント出演数は44回と総合年間最多で元気いっぱいの女性声優番組です。友情出演的な話題で新進声優情報いろいろキャッチアップできます。ラジオネーム:半角ロッキーさん(父)がまれに登場するのも和みます)
  • 2530 A&G上田瞳高柳知葉のしゃべりたりnight(アニメの層厚すぎる時間帯ですが番組は面白い)
  • 2630 A&G CLUB MIX プレリス!
  • 2730 A&G 裏表 松原秀モグライダー芝大輔(「裏方ラジオ」の後継番組です。ゲストの多様性はなくなった感が‥‥放送時間も極端すぎでYoutubeでも辿り着くかな?)

日曜日

  • 0600 A&G 超!A&G+ スペシャル(週替わりの特別企画です)
  • 0800 A&G 田中美波のかもんみなはうす[再](日曜午前の女性声優番組再放送枠は高密度です)
  • 1000 A&G Lynnのおしゃべりんらじお[再](この時間だと番組でよく扱われる競馬と重なってしまいます笑)
  • 1500 A&G えなこの○○ラジオ(プロ意識高すぎコスプレイヤーえなこ、学園祭学園・青木佑磨は名コンビでトークが良)
  • 1700 A&G 星街すいせい・田所あずさ 平行線すくらんぶる(歌主体の内容がよかった「星街すいせいの MUSIC SPACE」の後継番組はトーク主体に)
  • 1830 A&G ワシザキスタイル*ヨシオカモード
  • 1900 CROSS FM(ローカル) アニチュン(2時間のアニソン番組です。DJMIXが毎回流れるアニクラ感覚を取り入れた番組です)
  • 1900 A&G 瀬戸麻沙美 Now Roading(カー&バイク系のテーマが多いFMっぽい番組です)
  • 2200 NHK-FM サウンドクリエイターズファイル(月替わり、または半月替わりでミュージシャンが自らのルーツになる音楽と新曲について語る、興味ある方が出ているならば絶対に外すことのできない番組です。逆にいえば、興味がないミュージシャンなら1ヶ月聞くことはない)
  • 2230 A&G 内山昂輝の1クール!(声の感じが好きなら)