放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblog。代わりにカテゴリタグによる分類に力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

近年移動が多い航空自衛隊の飛行隊。現在どこにいるのか分からないのでまとめました。

 2016年頃から全国的なシャッフルが行われていて訳が分からなくなったため、自分用に表を作りました。出典は航空自衛隊公式サイトとWikiPediaだけです。

 現存部隊は太字。連絡機系の機種は省略しています。(現在ほとんどの部隊がT-4を使用しておりキリがないため)基地ごとに存在する救難隊と回転翼輸送隊もあまりに多すぎるため省略しました。

 軽い気持ちで始めたところ、思いのほか多い‥‥が、これさえあれば回顧録系の本を読むのが楽になるはずです。模型のデカールも決めやすくなるはず。私は両方が行いたい。


総論・2020年現在の直接戦闘系部隊の数は‥‥

(戦闘機はF-15F-35が存在・支援戦闘機は全てF-2

戦闘機系

  • 第201飛行隊

千歳(F-104→F-15
マーク:赤い矢印状に図案化された201(F-104)ヒグマの横顔(F-15

  • 第203飛行隊

千歳(F-104J・F-104DJ→F-15
マーク:赤い稲妻に胸に赤い星2つの熊

  • 第204飛行隊

新田原(F-104)→百里F-15)→那覇F-15
マーク:青のV字に黄色の影(F-104)イーグルヘッド(F-15

  • 第301飛行隊

百里(F-4EJ)→三沢(F-4EJ改→F-35に更新予定)
マーク:黄色いスカーフのカエル

  • 第302飛行隊

千歳(F-4EJ)→那覇(F-4EJ→F-4EJ改)→百里→三沢(F-4EJ改→F-35
マーク:オジロワシ

  • 第303飛行隊

小松(F-4EJ→F-15
マーク:龍

  • 第304飛行隊

築城(F-4EJ→F-15)→那覇F-15
マーク:天狗

  • 第305飛行隊

百里(F-4EJ→F-15)→新田原(F-15
マーク:梅花

  • 第306飛行隊

小松(F-4EJ→F-4EJ改→F-15
マーク:黄色いイヌワシ

  • 第4飛行隊

浜松(F-86F)→千歳→小松→築城(F-86F)
マーク:第6航空団の6を図案化した黄色と青の2つのシェブロン

  • 第5飛行隊

浜松(F-86F)→松島(F-86F)
マーク:第4航空団の4を図案化した赤い縦矢印型

  • 第9飛行隊

松島(F-86F)→入間(F-86F)
マーク:青い稲妻

  • 第10飛行隊

新田原(F-86F)→築城(F-86F)
マーク:青帯に稲妻状の黄色の三角形二つ


  • 第101飛行隊

岐阜(F-86D)→小牧(F-86D)
マーク:シャチホコの下に緑線

  • 第102飛行隊

小牧(F-86D)
マーク:赤いシャチホコの下に黄線

  • 第103飛行隊

千歳(F-86D)
マーク:青線が横2本

  • 第105飛行隊

小牧(F-86D)
マーク:シャチホコの下に緑線

  • 第202飛行隊

新田原(F-104J・F-104DJ→F-15・F-15DJ)
マーク:黄色のVに赤い影(F-104)埴輪(F-15

  • 第205飛行隊

小松(F-104)→百里(1972年滑走路工事の短期間)→小松(F-104)
マーク:青い円に白と暗い赤の6の字を尾翼型に図案化したもの

  • 第206飛行隊

百里(F-104)
マーク:青いシェブロンに梅花

  • 第207飛行隊

百里(F-104)→那覇(F-104)
マーク:赤いシェブロンに梅花(百里)赤枠白と赤のシェブロンに、青円に南十字星モチーフの白いF-104シルエット4つ(那覇


支援戦闘機系(現在この区分は存在しないが、見やすさのために使用する)

  • 第3飛行隊

浜松(F-86F・戦闘機系)→千歳→松島→八戸→三沢(F-86F→F-1→F-2)→百里F-2
マーク:武者

  • 第6飛行隊

千歳(F-86F)→新田原→松島→新田原→築城(F-1・T-2→F-2
マーク:黄色と黒で弓

  • 第8飛行隊

松島(F-86F)→小松→岩国→小牧→三沢(F-86F→F-1→F-4EJ改→F-2)→築城(F-2
マーク:黒豹

偵察系

  • 第501飛行隊(偵察航空隊)

松島(RF-86F)→入間→百里(RF-86F→RF-4E→RF-4E・RF-4EJ)→三沢(RQ-4)(予定)
マーク:ウッドペッカー

輸送・補給系

  • 第401飛行隊(旧:輸送航空隊)

小牧(C-46D・YS-11・C-1→C-130H・KC-130H)
マーク:ペガサス(飛行隊)

  • 第402飛行隊

入間(C-46D・YS-11→C-1・U-4)
(U-4は主に要人輸送)
マーク:大荷物を背負った緑で赤い目をしたペリカン

  • 第403飛行隊

美保(C-1・YS-11→C-2)
マーク:因幡の白兎

  • 第404飛行隊

小牧(KC-767)
マーク:黒い馬

千歳(B-747-400→B-777-300ER)
マーク:はくちょう座


早期警戒系

  • 第601飛行隊

三沢(E-2C→E-2D予定)
マーク:電光を掴むコウモリ

  • 第602飛行隊

第601飛行隊第2飛行斑・浜松→浜松(E-767)
マーク:電光を掴むフクロウ

  • 第603飛行隊

那覇(E-2C)
マーク:電光を掴むコウモリ

練習機・訓練・開発系

  • 第11飛行隊

松島(T-4ブルーインパルス)(T-2ブルーインパルスの第21飛行隊とは同じ第四航空団)

  • 第11飛行教育団

静浜(T-3→T-7)
マーク:赤い1の字と宙返りの前半部の起動を描くような青

  • 第12飛行教育団

防府(T-3→T-7)
マーク:羽ペンのような絵柄ですが、何なのか分かりません‥‥。

  • 第13飛行教育団

松島(T-6G)→宇都宮→岐阜(T-6G・T-1→T-1)→芦屋(T-1・T-4→T-4)
マーク:青で、漢数字の十三を図案化したジェット機とその飛行の効果線に円形

  • 第21飛行隊

松島(T-2含むブルーインパルス→F-2B)
マーク:白枠に青の上向きデルタ翼

  • 第22飛行隊

松島(T-2→T-4)
マーク:白枠に赤の4の字状三角形

  • 第23飛行隊

新田原(F-15J・F-15DJ)
マーク:黄色い矢羽の前に黒い馬

  • 第202飛行隊

新田原(F-15J・F-15DJ)(戦闘機の項と同一・第23飛行隊に引き継がれた)
マーク:黄色のVに赤い影(F-104)埴輪(F-15

  • 第31教育飛行隊

浜松(T-4)
マーク:黒と黄色のチェックに青のストライプ

  • 第32教育飛行隊

浜松(T-4)
マーク:黒と黄色のチェックに赤のストライプ

  • 第41教育飛行隊

浜松→美保(T-400)
マーク:41をデルタ状に図案化したもの

  • 飛行教導群

築城(T-2)→新田原(T-2→F-15DJ)→小松(F-15DJ)
マーク:コブラ

  • 第1飛行隊

浜松(F-86F)→築城→浜松(F-86F)
マーク:黒と黄のチェック

  • 第2飛行隊

浜松(F-86F含むブルーインパルス
マーク:黒と黄のチェック上に黒枠白の盾、その中に2、上に不撓不屈の文字

  • 第7飛行隊

松島(F-86F)
マーク:第4航空団の4を図案化した青い縦矢印型

  • 飛行開発実験団

浜松→岐阜(機種は多数のため略)
マーク:青の円とシェブロン

編者のコメント

  • F-86F時代は浜松でまず編成してから全国各地に配置される部隊が多い。
    • F-86F支援戦闘機時代はややこしさ果てしないため省略しました。
  • T-33を集中配置している部隊はない?各飛行隊で分散訓練を行っていたか。
  • F-86Dは3コ飛行隊が愛知県小牧に集中配備された。1コ飛行隊のみが対ソ連の北海道。レーダー付き戦闘機の運用をテストする要素も大きかったか?
  • F-104を使用していた飛行隊は解散した所が多い。沖縄返還による国土そのものの変化と、F-4EJのレーダー性能の革新により配置が根幹から変更されたためか?
  • F-4EJ改を支援戦闘機として装備したのは三沢時代の第8飛行隊のみ。
  • F-1が配備されていたのは三沢基地が2コ飛行隊、築城基地が1コ飛行隊という対ソシフト。
  • 訓練空域としては、宮崎県新田原は好天が多く有視界戦闘に適合し、石川県小松基地日本海上空G空域が近くミサイル戦に適合する。戦闘機への機種転換部隊が主に新田原、現在の教導隊が小松に配備されているのはこれを象徴するもの。

兵器と航空宇宙の広告コピーコレクション(更新2020年05月06日)

 一般人が決して買う事などなく、使用シーンも日常からかけ離れているが、しかし目的がはっきりしているモノのコピーには独特な存在感がある。

ボーイング2707 1968年 日本航空導入契約

1972年 日本の翼の主役は
〈太陽を追い越すジェット〉
にバトンタッチ



●地球の自転速度より速いSST
SSTのスピードは現在就航しているジェット旅客機の3倍近く。ですから、昼近くにサンフランシスコを西に向けて飛び立つと、いままで頭上で輝いていた太陽が東へ沈みはじめる――こんな奇妙なことも起こります。太陽を追い越してしまうその速さ。想像を絶するほどのスピードです。


●目前に迫った超音速機時代
1972年には、そのいちばん乗りとして、マッハ2.2のコンコード。つづいてすぐ、東京―ホノルル間を2時間50分で飛ぶマッハ2.7のボーイング2707が――。空の主役が、SSTにバトンタッチされるのももう間近です。その日に備え日本航空はいま着々と準備を整えています。



SST・コンコード
発注機数3機
全長・翼長・全高54×26×12m
総重量160トン
推力16,000KG×4
大巡航速度マッハ2.2
航続距離6,500km
乗客134名


SSTボーイング2707
発注機数4機
全長・全高92×15m
可変翼翼長30度後退52m
     72度後退33m
総重量300トン
推力28,500KG×4
大巡航速度マッハ2.7
航続距離6,500km
乗客250~350名


世界を結ぶ日本の翼
日本航空 JAL



・編者コメント
超音速飛行による移動時間短縮以上に「機上から見える太陽の動き」という自然現象の不思議さに着目している点にワンダーを感じる。スペックの数字は文字が小さく印刷の荒れでうまく読み取れない部分があり、そもそもが試作型で実用型と多少異なる。



マクドネル・ダグラス F-15 イーグル 日本導入期

美の真髄は表皮スキンの内側にあり。
━━━━━ F-15 イーグル ━━━━━

 マクドネル・ダグラス F-15 イーグルは8つの世界上昇新記録を樹立しています。そのダッシュ速度はマッハ2.5以上。7Gを超える戦闘機動が可能です。すぐれた兵装制御システムと数種類の武装パッケージを装備し、その威力は実証済み。F-15は世界最強の制空戦闘機です。
 イーグルは部隊配備前に、22,000時間の風洞試験、設計寿命の4倍におよぶ疲労試験、数千時間に達するアビオニクスの試験を受け、設計のすばらしさを証明しています。いかなる戦闘機の試験プログラムにも、これほど徹底したものはありません。
 F-15が、さらにすばらしいのは、こうした研究開発費のほとんどすべてがすでに支出され償却されていることです。
 これは何を意味するのでしょうか。それは現時点において完璧に試験され、その戦闘能力が実証された戦闘機を、望みうる最低限の費用で入手できるという事実です。


The F-15
MCDONNELL DOUGLAS



・編者コメント
 大阪万博公式記録映画のように、テクノロジーが成し遂げたスペックの誇らしさが芸術的な域にまで達していて美しく印象的で、最初にテキスト化を行った。

 実物では文字が端正に配置されているが、blog上でうまく表現するのは事実上不可能であり、Webサイトを画像で作ってしまうデザイナーの心境を幾ばくか理解する事ができた。


ノースロップ N-156(F-5フリーダムファイタープロトタイプ) 掲載時期不明

今や自由諸国のために飛び初めました。

N-156F
そして一定の予算内で
より強い戦力を与える
準備をしています。


ノースロップが奇蹟をうみました・・・*1

ぶっつづけの飛行試験で、ノースロップN-156F フリーダム・ファイターの高性能が証明されています。
パイロット達はフリーダム・ファイターの非常にすぐれた性能を報告しています。ぶっつづけの飛行試験で、彼等は、この新しい戦闘機が大がかりな風洞試験によって予測された性能を満たし、あるいはそれをこえてさえいることを照明しています。
そして彼等は、双発の安全性と、全天候性を喜んでいます。
NATOとSEATOの国々のパイロットたちもN-156Fで飛んでいます。そのパイロットたちはフリーダム・ファイターの初飛行から兵器搭載能力にいたるまでの、どの段階でもうまくいっていると強調しています。

ノースロップのN-156Fは、他の自由諸国の防衛上の要求にもとづいて、特にアメリカで設計された最初の戦闘機です。フリーダム・ファイターは、ジェネラル・エレクトリック社の推力/重量比の高いJ85ジェット・エンジンをつけ、新しい軽い材料を使い、他のどの戦闘機もまだやったことのない、新しい設計技術をとり入れるなどのいろいろな特徴をもっています。
N-156Fは、その多用途性、高性能、取扱いのやさしさなどによって、一国の防衛力を文字どおり2倍に高めることができます。N-156Fは軽く、簡単な設計になっていますので、購入費が安く、燃料も少なくてすみ、整備も簡単。そして高い地上施設が少ししかかからず、さらに熟練工が半分ですみます。フリーダム・ファイターは非常に機動性が高く、いつでもどこからでも飛びだせます。このことは最小の犠牲で、最大の戦果をあげるために、広い地域にいつでも戦える状態の飛行機をより多くもてることになります。
今日、フリーダム・ファイターのような特長をもったウェポン・システムは他にまったくありません。それは買うにも飛ばすにも、整備するにも金がかかりません。そしてN-156Fは、アメリカ国外での生産を考えて設計されていますから、その国の経済に必ず大きな貢献をします。

NORTHROP
INTERNATIONAL

A DIVISION OF NORTHROP AIRCRAFT, INC・BEVERLY HILLS, CALIFORNIA
日本総代理店 日商株式会社―航空機部


・編者コメント
これがF-5の日本に対する売り込みの最終決戦といった感ある熱い文章である。NATOほか各国のパイロットも開発に参加しているワーキングトゥゲザー方式採用機である事はこの広告で知った。ライセンス生産を認めるといった産業面への影響をPRしているのも特長である。また、「双発」を強調している点も着目に値する。ライバルはF-104GスターファイターかF11F-1Fスーパータイガーであるため、これが残された大きな要素となる。純粋な戦闘力ではかなわないと割り切った結果と思われる。



ノースロップ NF-156(F-5フリーダムファイタープロトタイプ)  1957年頃

超音速防衛には!!

ノースロップN-156超音速戦闘機は音速の数倍の速度を持つ最新式誘導兵器を搭載するように設計されており、高々度で速攻する如何なる高速の敵機をも撃墜し得る能力を有しております。この高性能の迎撃戦闘機こそノースロップ社が自由主義諸国家の特殊な要求に応ずるため長年にわたり研究した成果の現われであります。
マッハ2以上のスピードを目標として設計されておりますが、操作の安全性は少しも失われてはおりません。非常に優秀は飛行特質は、米国最新の風洞や試験設備での数千時間に及ぶテストの結果得られたもので、またエンジンが2基装備されているため信頼度も一そう高くなっております。
N-156Fは小さな未整備の飛行場からも離陸可能であり、またゼロレングスラウンチが出来る所から飛行編隊を前線基地に配置して敵機の侵攻のみならず前線における地上目標の攻撃にも使用出来ます。
このような非常に効果的なN-156Fの戦闘力は現存する防衛組織の調達及び整備のための費用の半額で供給することが出来ますが、これは最も進歩した技術を取入れることによって初めて可能となったものであります。

NORTHROP
     international
A DIVISION OF NORTHROP AIRCRAFT, INC・BEVERLY HILLS, CALIFORNIA U.S.A.



日本総代理店 日商株式会社―航空機部
   東京都千代田区大手町



・編者コメント
ゼロ距離離陸システムが思いのほか有望視されているのが印象的である。この時の競合はF-104。勝てそうな感じはない。むしろ、ゼロ距離発進システムに全てを賭けた形か。マッハ2以上のスピードは最終的な完成形では出し得なかった。


ノースロップ N-156(F-5フリーダムファイタープロトタイプ) 掲載時期不明

N-156 Counterair Fighter

太平洋地域防衛に最適の
   迎撃ジェット戦闘機生る!

現在活躍中のジェット戦闘機F-89、T-38超音速双発ジェット練習機に次いで特に太平洋諸国の経済上、軍事上の条件を考慮し、その防衛に当てるべく、低廉しかも軽量の双発ジェット迎撃戦闘機を完成した。

既成飛行場を臨時利用出来、燃料消費少く、整備容易にして、短期に操縦技術の習得可能であり、もっとも経済的に国防の使命を達成し得る理想的戦闘機である。

伝統を誇るノースロップの技術生産陣営は、従来P-61 Black Widow 夜間戦闘機、F-89 Scorpion 迎撃戦闘機、Radioplane 各種無線標的機、Snark SM-62誘導弾、T-38超音速双発ジェット練習機等の分野において幾多の業績を挙げて来たが、今やN-156ジェット戦闘機は自由世界防衛のための同社の誇る新鋭機として新たに生れ出た。

NORTHROP
     international
A DIVISION OF NORTHROP AIRCRAFT, INC・BEVERLY HILLS, CALIFORNIA U.S.A.

日本総代理店 日商株式会社―航空機部
   東京都千代田区大手町



・編者コメント
F-5フリーダムファイターのコンセプトがかたまっており、奇をてらった所のない内容だ。ノースロップ社の現在までに連なる業績として巡航ミサイルSM-62スナークがあげられている点には時代性を感じられる。日本ではかなりマイナーなF-89をアピールしている点も現在から見ると独特である。文章の「てにをは」のかかりや受け身に若干違和感があるのも兵器系コピー特有の味。


BAe マクドネル・ダグラス ハリアーII 登場 1986年頃

あらゆる任務を
引き受けるこの戦闘機。

近接航空支援
地上攻撃
空対空戦闘
艦隊防空
対艦任務
監視
*2

 正確な兵装投下、すぐれた機動性、柔軟な基地運用性――ハリアーIIはえり抜きのオール・パーパス戦闘機です。
 改造船または小型護衛空母から運用すれば、すばやく、確実に、洋上の脅威に対抗できます。
 基地とは呼べない陸上基地―開けた場所、道路、破壊された滑走路または普段使われていない滑走路などから、短距離離陸性能を生かし、大量のペイロードを搭載して運用できます。

 ハリアーIIはあらゆる任務をこなせるオール・イン・ワン戦闘機。陸上・海上・空の防衛要求を一手に引き受ける経済的な戦闘機です。ほかのいかなる戦闘機も、こんなに多くの仕事をこれほど上手にはこなせません。

HARRIER II
from the British Aerospace and McDonell Douglas team.



・編者コメント
フォークランド紛争1982年の記憶真新しい時期らしいシチュエーション設定。

*1:写真上白抜きキャプション

*2:この項は装備ごとの側面図あり

イスラエルの滞空型UAVミサイル「ハーピー」の開発経緯を一行で説明

イスラエル軍UAVハーピー
出典:ハーピー (航空機) - Wikipedia

 「ハーピー」は1982年のレバノン侵攻において、デリラ巡航ミサイルを滞空させ、それを相手にしている防空システムに対してSEADを仕掛ける作戦が成功した事をうけて開発されたものである。出現時期が90年代で性能に対して極端に早いのはそのためだ。

 この滞空型UAVが何なのか分からない方は写真出典の WikiPedia解説を参照。