放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

どうぶつタワーバトルの比較的シンプルなプレイ手法


Amazon.co.jp: せつない動物図鑑 Kindle版

レーティングが安定して1900超えるようになってきたのでメモです。2100出るような人から見るとシンプル過ぎるでしょう。あまりテクニカルでなく「あっさりすぎる負け」を減らす感覚のTipsです。

  • 全体的に防御主体の考え方です。要は負けなければ勝ちなのだ。
  • 相手がタワーを建てたがっていても、それに乗らず横に逃げて手数を稼いでも全然問題ありません。ひとりタワーバトルで勝手に苦しんでなさいといった所です。
  • あまり神経質な積み方をすると返されたとき自分が苦しくなるので、若干安全すぎると感じる位でいいと思います。
  • たとえどのような引きでも序盤の3、4匹で決着を付けるような積み方で勝負をかける必要はないと思います。ぎりぎりの位置に積むのは難しく、成功しても返されたとき難しいからです。
    • これだけでレーティング1500を割る事はないでしょう。
    • 筆者は最初の一匹で差がつくことはないと考え9割のラウンドで初期位置の真下にそのまま落とすほどです。*1
  • どうぶつが最初に接触した点で発生する回転運動を止める・接触時の振動が十分に小さい・着地終了時の重心が既存の構造の許容範囲内に収まっている。以上を満たせばタワーはかなり無茶な構造でも建ちます。
    • ぎりぎりを狙って失敗し端の方が引っかかるように接触すると、止めようがない回転がかかります。(前記の「序盤で勝負をかける積み」による失敗の典型例)
    • 斜面に置く場合は背中や足の角度をそれに合わせます。(振動抑制・回転抑制)
    • 摩擦や凸凹に引っかけて落下を止めるのは狙って取れるものではないと思った方が良いです。接触させた際の微振動で姿勢が崩れがちなため危険です。
  • 姿勢を変えた動物を水平面に置いた際にどちらに転がるのか・どのような揺れを発生させるのか覚えていれば、かなり難しいタワーでも思いのほか綺麗に立てられると思います。(こればかりは「練習」や「感覚」としか言いようがありません)
    • レーティング1500くらいなら、30ラウンドほど勝負に行かず試し積みだけに使っても全然問題ないと思います。
    • 勝敗に関係ないシーンで実験的な積み方を試すのを強く推薦します。
  • 特に高い精度が必要な場合、指を離す際のズレを防ぐために時間切れの自動落下を利用します。地味ですがかなり有効です。縦姿勢のウミガメの上にさらに積むのも夢ではありません!
  • 以上の感覚を覚えていれば、凡ミスによる負けは半減できるでしょう。
  • 太陽をタッチしても自分のどうぶつを落とすだけです!(盤外戦を仕掛けてくる人がいます笑)
  • 斜めのどうぶつ同士で支え合う事で作られたバネ的な性質が強いタワーに関しては未解明な点が多いです。衝撃抑制を重視してフィーリングで積むしかありません。
    • ピタゴラスイッチ的な振動の連鎖・崩壊の連鎖・構造の変化に関してはフィーリングで積んで下さい。
  • これらのパターンは二重振り子の運動に近く予測不能な部分があります。
  • このゲーム自体、カオス現象で有名な二重振り子をゲーム化したような面白さがありますね。(勝敗と無関係な所感)

どうぶつ個別積み方(非常にパターン数が多いため執筆が中途半端な状態です)

 落とす際の着地姿勢・静止姿勢・中間姿勢を表現するため、例えば「5象」(回転操作5回姿勢の象)といった表現を使いません。かえって分かりづらいかもしれませんが‥‥

象:ハイリスク・ハイリターンの典型

 非常に大型で安定性も低いため、無理なときは無理と割り切った方がストレスないと思います。

  • 水平:重心を意識すると意外と狭い点にも立てられます。最前足が接地しないと若干前転の力がかかります。
  • 背面:平面部が皆無で不安定な配置です。斜めになったどうぶつの背中に乗せる際、角度合わせして接地衝撃を大幅に減らせます。上面の足裏がほぼ平面のため簡単に返されます。それをさらに返す辺りで苦しくなりがちです。
  • 鼻下:何となく凸型の部分に引っかけて回転を止められそうですが、ほぼ無理です。尖った地形に鼻と足の間の凹みを引っかける事が多いです。失敗すれば確実に落下します。難しいです。
  • 尻下:平面がない上に重心位置がずれているため必ず回転すると思った方が良いです。(窪み状の形に入れた場合は別)

ウミガメ:必殺兵器

 最もローリスク・ハイリターンなどうぶつです。

  • 水平:下面がほぼ平らで上面にヒレがトゲ状に飛び出すため、積むのは容易で相手に積ませるのは難しいです。斜面に置けば有利です。重量が軽いため「片持ち」的に水平方向に伸びたタワーをぎりぎりに追い込むのにも使います。
  • 垂直:縦穴状の隙間に突き刺すと詰みに追い込めます。強いです。
  • 腹下の斜め:斜面の上の方に角度を合わせて置くとトゲ付き斜面になるため、そうそう返せない感じになります。強いです。
  • 背下の斜め:ヒレが飛び出すため見た目の印象以上に転げ落ちやすいですが、強いです。

ヤギ:必殺兵器2

 ウミガメに次ぐローリスク・ハイリターン型ですが、ひとたび回転がかかると止めにくいため意外な場所で落としてしまう事があります。

  • 水平:上面が尖っているためこれだけでかなり強いです。足と足の間に尖った部分も挟めます。とにかく強いです。大事な事なので二回書きました。
  • 頭下:尻尾がトゲ状の構造物になるため詰みに追い込みやすいです。自分のミスで落とすことやや多めかな?
  • 背下:足がトゲ状の構造物になりますが足と足の間の窪みを利用して返されやすいです。難しい場所にも積みやすいと思います。

ラクダ:ハイリスク・ハイリターン

 平面部分がなく、回転運動が非常に発生しやすいです。

  • 水平:足まわりが若干丸みを帯びていて揺れるため安定性が低く、注意が必要です。タワーに振動を与えがちで、組み込まれたタワーの耐振動性が大幅低下します。さらに足と足の間が狭く尖った部分を挟んで立てるのも難しめです。
  • 背面:意外と安定性が良いです。
  • 頭下:対斜面性能が意外といいです。平地ではかなり転がります。

シマウマ:前転させて安定

 ラクダに次いでとにかく転がりやすいです。頭を下にして前転させて定位置に入れるイメージで落とすと、かなり難しい場所にも積めます。

オカピ:地味に不安定

 形状がややスクエアになって転がらなくなったシマウマといった所です。フィーリングで積んでるので解説不能です‥‥。足と足の間に尖った部分を挟めるのが特徴か。

キリン:大型だが安定は取りやすい

 形状的には非常に積みやすいですが、大型なので無理なときは無理です。その際はあきらめましょう。あるいは奇跡を信じましょう。

  • 水平:見かけ以上に不安定です。重心が非常に前寄りで、最前の足が接地していなければ前に転倒します。足と足の間が広いため尖った構造に引っかけて回転を止めやすいです。倒し姿勢だと首で台地ができます。
  • への時型:凸型の形に合わせるのに使います。重心が左よりである事を意識すればこれで負ける事はあまりないと思います。その後にできる形状はほぼ平面なので勝つ事も少ないです。
  • 背面:斜面に角度を合わせて回転と振動を抑制します。重心位置に注意が必要です。(練習です)背中の頂点で回転運動が発生するためそれを利用すると強いです。
  • 頭下:倒して寄りかからせるように使います。平面の場合、必ず左に倒れます。尻がほぼ平面になりがちで返されやすいです。
  • 尻下:大きな回転運動が発生しやすいためちょっとよく分からないです。足のトゲトゲを利用して相手が返してくる事が多いです。

シロクマ:処刑用どうぶつ(含む自分)

 下部が広い平面で、他の部分に平面を取れる部分がほぼない上、大型、大重量。積みづらく返しにくいため勝敗を決する事が非常に多いです。傾けた際の転がりを意識すると中盤強いです。

シカ:鼻行類

 ツノが重く非常に前転しやすいです。足を下にするより、頭下斜めでツノ・鼻・前足が接地する姿勢の方が安定性が高いです。

ウマ(細かい動物名が分かりません‥‥)

 尻尾に引っかかる事故が非常に多いためマージン多めに落としましょう。

トラ:精密加工済み鉄骨

 安定性の高い姿勢を取るのが最も容易です。頭下に置くとほぼ垂直になるため、タワーが出来上がった際に横に避ける事で一手稼げます。特に便利なテクニックです。

  • 水平:とにかく安定しているためフィーリングで積んでください。
  • 頭下:前記の通り水平面に垂直に立てられます。大事な事なので二回書きました。タワーの上に立てるとそれなりに不安定なため攻撃にも使えます。
  • 背面:かなりフラットな部類に入るため難しい斜面にも積めます。

カバ:自然石の土台

 上下は平面ですが前後は丸いため立てると転がります。

  • 水平:とにかく安定しているためフィーリングで積んでください。
  • 背面:斜面に角度を合わせるのに使います。
  • 尻下:右側に転がりの力がかかるため要注意です。水平面だとぎりぎり立ちます。

ヒヨコ:レアキャラクター

 ごくまれに出てきます。非常に小さいので一手パスに近くたいへん有利です。


 こうやって書きだしてみると、コマの種類数が多いですねこのゲーム‥‥。

*1:これが一番攻撃的な置き方という説あり。

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は少年に生涯消えない痕を残す物語

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』 豪華版Blu-ray BOX
Amazon.co.jp: 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』 豪華版Blu-ray BOX

 1995年実写映画版の感想です。

ストーリーガイド

 その日は夏休みの登校日で、夏祭りだった。少年たちは打ち上げ花火をどこから見るのか賑やかに話し合い、いつものようにプールへと泳ぎに行く。そこでは日差しの中、魔性の美少女なずな(演:奥菜恵)がプールの端に寝そべっていた。

 少年たちが競い合い泳ぐ中、彼女は突然「50mで勝ったから」というだけの理由で少年・典道(演:山崎裕太)を選び出し花火に誘う。

 こうして二人の小さな旅が始まった。

 夜の花火で終わるかけがえのないこの一日でかれらが見る世界は‥‥

感想コメント

 奥菜恵演じる美少女なずながプールの淵に寝そべって夏の日差しを受けているというただそれだけの事でも、日焼けのダメージは治らないと感じるようになった私は、青春の若さを眩しく感じた。

 制作時期から、私は今作の少年たちよりほんの僅かに年下なだけで世代的にはほとんど変わらないため、過去の自分を思い起こさずにはいられないのである。自分にもこんな時代があったのだろうかと考える。90年代の世界ですら強いノスタルジーの対象となる時代に生きている事に何か、後悔のような、それでも過去であるから美しく見えるような、一言では表しがたい感情を覚えるのだ。

 話はかなり変わるのだが、いまこの時代には「一級フラグ建築士」という言葉がある。自分自身でもある時期から「フラグ」が認識できるようになったと感じている。それは一体どういう事なのか説明すると、つまらないが安楽な選択肢を自分の意思で打ち払って、*1記憶に残る瞬間にたどり着ける「正しい選択」を予測し生み出し実行できるようになるという事だ。今作の展開はそうやって意思の力でたどり着いた「人生のイベントシーン」での感慨を追体験するようだった。


 それにしても、何よりも、今作の奥菜恵は魔性を感じる程に美しい。

 その美少女が、親の離婚で街を出る最後の日になるからと、割と誰でもいいという感覚で少年一人を誘って花火を見に行こう、駆け落ちをしようというのなら、その少年の人生はもう狂ってしまうのではないだろうか?

 「狂ってしまう」という表現は穏やかではないが、少なくとも「生涯忘れられない一日になる」というのは間違いないだろう。

 美少女が母親を振り払ったときのこと、二人で乗ったバスが目的地に着くまでの時間のこと、夜のプールで二人仰向けに浮かんで「花火って横から見ると平べったいのかな?」と語った日のことを一体誰が忘れられようか。

 ある人生に訪れた「最上の一日」を描く映画の傑作である。

*1:人によっては「グイグイ来る」ように見えるだろうと思う。

2017年度のラジオ私的番組表・推薦リスト実績版

 毎年恒例「私のラジオ番組表」の更新版です。例年よりもかなり執筆時期が開いてしまいました。

 今回の特徴は「聴取実績版」であるという事です。単なる良番組を削減する事で厳選されています。さあどうだ!

 現況としましては、深夜アニメの限界を超えた増加と5年前では作られる事すら想像できない程の高クオリティ作品の乱立、さらにボイス付きモバイルゲームプレイ時間の増加などにより、聴取時間全体はかなり減少しています。

特筆推薦番組

カテゴリーごとに1番組だけを選ぶならこれです。ちょっと部門数が多い?

  • 休日の午後部門 NHK-FM 土曜 1400 アニソン・アカデミー

月曜日

  • 0920 NHK-FM 音楽遊覧飛行 (この曜日この時間帯は宮沢章夫の番組を聞いている事が多いです)
  • 1000 NHK-FM 片山杜秀 クラシックの迷宮[再](『音楽遊覧飛行』同様この曜日この時間帯は宮沢章夫の番組を聞いている事が多いです)
  • 1600 NHK-FM 音楽遊覧飛行[再](週替わりテーマ・サラーム海上の「エキゾチッククルーズ」がワールドミュージック系で非常に良。テーマにもよりますが紺野美沙子の「映画音楽ワールドツアー」もときどき良。ちょっとシーンが限定されますが、50代以上の方と車で移動している場合などはカシオペア向谷実の「ミュージックエクスプレス」が1970年代以降1990年までの邦楽洋楽中心、ダ・カーポ榊原広子「ふるさとのうた 心の旅」は童謡・唱歌・歌謡曲中心でウケが良いです。自分自身も改めて聞いてみるとなかなか楽しいです)
  • 1640 NHK-FM ゆうがたパラダイス はんにゃ金田と欅坂46のゆうがたパラダイス(女性アイドル全般。まあ聞いていてかわいいので‥‥)
  • 1800 NHK-FM 夜のプレイリスト[再](著名人が推薦アルバムを1日1枚紹介。夕暮れと夜の似合うしっとり落ち着いた番組です)
  • 2300 NHK-FM 松尾潔のメロウな夜(今年もおしゃれナンバーワンといっても過言ではないR&B番組。界隈の流れが見えて勉強にもなります。ちょっと切ない系の選曲が多く23時台の空気にぴったり)
  • 2300 NHK-FM Masayuki Suzuki Radio Show GOOD VIBRATION(毎月最終週の月曜日はこちら。鈴木雅之松尾潔と同じくR&B系メインですが、ちょっと古くて明るい選曲)
  • 2400 NHK-FM 夜のプレイリスト
  • 2430 AM 上坂すみれの♡(はーと)をつければかわいかろう上坂すみれトーク番組なのだから面白いに決まっているのです) (ローカルでの放送時間です)
  • 2500 AM 伊集院光の深夜のバカ力(オールタイムベストなトーク番組ですが最近は若干のパワーダウンと老成を感じてしまいます。当たり前の事ですが2000年頃のような暴走トークはあまり聞けなくなりました)

 月曜日は面白い番組が集中していて聞く方も大変なくらいです。

火曜日

  • 1000 NHK-FM MISIA 星空のラジオ[再] (毎年書いていますがトークの声が歌と違って可愛らしくて驚きます笑 ほのぼのとした雰囲気ながら音楽も高感度のハイクォリティ番組)
  • 1600 NHK-FM 音楽遊覧飛行[再] (繰り返しになりますが、週替わりテーマ・サラーム海上の「エキゾチッククルーズ」はワールドミュージック系で超マニアック、80年代初頭のインドのテクノ等まで聞けます)
  • 1640 NHK-FM ゆうがたパラダイス 三森すずことアニソンパラダイス(現在放送中の最新アニソンから最近10年内のアニソンを中心に、前Qこと前田久のワンテーマ解説コーナーを加えることで過去から現在に至る流れも学べるという非常によくできた番組です。三森すずこもベテランになったなあという感慨が‥‥)
  • 1800 NHK-FM 夜のプレイリスト[再]
  • 2400 NHK-FM 夜のプレイリスト[再]
  • 2500 A&G 洲崎西 (声優トーク系ではトップクラスの人気を誇るこの番組、下ネタ偏重がなくなり変化球が増え、また一段と面白くなっています)

水曜日

  • 0920 NHK-FM 音楽遊覧飛行
  • 1600 NHK-FM 音楽遊覧飛行[再]
  • 1640 NHK-FM ゆうがたパラダイス 赤い公園津野米咲のKOIKIなPOP・ROCKパラダイス(こだわり選曲の00年代以降J-POP中心番組です。ロキノン系?津野米咲の若干アニラジ系入ったパーソナリティも楽しい所です。ミュージシャンでもありバンドプロデューサーでもある状態ならではの独特なバランス感覚があります)
  • 1800 NHK-FM 夜のプレイリスト[再]
  • 2400 NHK-FM 夜のプレイリスト

木曜日

  • 0920 NHK-FM 音楽遊覧飛行
  • 1600 NHK-FM 音楽遊覧飛行[再]
  • 1800 NHK-FM 夜のプレイリスト[再]
  • 2400 NHK-FM 夜のプレイリスト

金曜日

  • 1800 NHK-FM 夜のプレイリスト[再]
  • 2300 久保田利伸ファンキーフライデー☆ (毎月最終週のみ。R&B系音楽番組です。最近の私は音楽の好みが「黒い」)
  • 2400 NHK-FM 夜のプレイリスト

土曜日

  • 1400 NHK-FM アニソンアカデミー (25〜35歳かそれ以上向けの渋い選曲のアニソン番組です。90年代からマニアックにアニメを見ているエヴァンゲリオン世代なら間違いなく面白いはず。ゲストが豪華なのも大きな魅力です。例えば最近の11月4日はTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDの3人と米津玄師でそれぞれ1時間でした。田中公平先生は常連)
  • 1705 NHK-AM ちきゅうラジオ第一部(世界各地の日本人が電話やメールでその土地の暮らしや習慣を語ったりする番組です)
  • 1805 NHK-AM ちきゅうラジオ第二部
  • 1830 A&G 高森奈津美のP!ットインラジオ(解説は日曜午前の再放送版の方に書きました。この枠で聞く事は少ないです)
  • 2100 NHK-FM 片山杜秀 クラシックの迷宮 (サントリー学芸賞受賞者であるパーソナリティが毎回ワンテーマに沿って有名曲から珍しい曲まで作曲経緯含めて紹介し知的好奇心が満たされます)

日曜日

  • 1000 A&G 高森奈津美のP!ットインラジオ(スバル協力のアニメ『放課後のプレアデス』で主人公を演じた高森奈津美による、日曜午前にぴったりの車がメイン題材の珍しい声優ラジオです。なのにスポンサーはホビーのあみあみ。面白いけれどちょっと謎です笑)
  • 1600 NHK-FM 洋楽グロリアスデイズ(1970~80年代の大人の洋楽セレクションです)
  • 1700 NHK-FM miwaのミューズノート(主に洋楽の女性シンガー特集番組です。miwaの天真爛漫健康的雰囲気に、くすんだ自分は何か圧倒されるものを感じます)
  • 1800 NHK-FM サカナクション・山口一郎 Night Fishing Radio(もはや言わずと知れた理論派のこの方のラジオが面白くない訳がない。トークと音楽どちらもハイレベルで行きます)
  • 2005 NHK-AM パワーボイスA(この番組は知っている方が特に少なそうなので強調ピックアップしました。10代向けのとっても元気な声優ラジオです。特にアニメや声優を特集している訳ではない「SCHOOL OF LOCK!」AM版のような感じの中高生向け番組「らじらー」から独立したため、素のトークが多めなのが特徴です。パーソナリティは雑誌「リスアニ!」編集長の澄川龍一、声優の中村繪里子と武藤志織で、ゲストが毎回登場します)
  • 2100 NHK-FM サウンドクリエイターズファイル (月替わり、または半月替わりでミュージシャンが自らのルーツになる音楽と新曲について語る、興味ある方が出ているならば絶対に外すことのできない番組です。10月上旬の米津玄師と新アルバムBOOTLEGで2回は特に非常に素晴らしいものでした)
  • 2430 AM 上坂すみれの♡(はーと)をつければかわいかろう (東京での放送時間です)

聴取終了番組に関する一言コメント

 今まで私にとってレギュラーだった番組は以下の通りです。番組終了そのものに関しては非常に少ない1年でした。

  • AM 爆笑問題カーボーイハガキ職人のギラつきがきつくなってきたのと、深夜アニメとの競争に敗れました)
  • AM 山里亮太の不毛な議論(下ネタの単調さで、深夜アニメとの競争に敗れました)
  • AM おぎやはぎのメガネびいき(パンチ力不足で、深夜アニメとの競争に敗れました)
  • AM 林原めぐみ Tokyo Boogie Night(ついに林原めぐみのラジオが全て放送終了しました。中学生だった1990年代から永遠に続くと思っていた‥‥)
  • NHK-FM 小原孝弾き語りフォーユー(編曲が優しさ一辺倒で単調に思えてきました。枠的にはそれが正しいのは分かります)
  • NHK-FM クラシックカフェ(数年かけてレパートリー一周分聞いた感があるのに加え、録音・録画消化との競争に敗れました)
  • NHK-FM 南波志帆のミュージックライン(新曲チェックの網羅性は高いのですが性質上どうしても薄味で、録音・録画消化との競争に敗れました)
  • FM スクールオブロック!(10代の青春パワーに感動させられる番組ですが箱番組の長大化でそこが欠けてしまった結果、録音・録画消化との競争に敗れました)
  • NHK-FM ピーター・バラカンのウィークエンドサンシャイン(何となくタイミングが合わなくて‥‥選曲がちょっと散漫な印象も)
  • NHK-FM 現代の音楽(何となくタイミングが合わなくて‥‥)
  • FM スカパー日曜シネマテークAVANTI のスタンことグレゴリー・スター出演)(何となくタイミングが合わなくて‥‥その間に放送終了)
  • FM 福山雅治 福のラジオ(土曜日に移動して「アニソンアカデミー」との競争に敗れました)
  • NHK-AM ちきゅうラジオ 日曜枠(NHK-FMの「miwaのミューズノート」と「サカナクション・山口一郎 Night Fishing Radio」との競争に敗れました)
  • NHK-FM ラジオ深夜便(BS洋楽グラフィティーと、録音・録画消化との競争に敗れました)

聞きたいけれど聞けていない番組

以上放送地域外。

以上ネット放送なのですが聞くタイミングがなくて‥‥

 アニメ番組系声優ラジオは本数があまりにも多すぎ、ほとんど聞けていません。配信期間がすぐに終わってしまい時間が足りず、追いつくこともできないので‥‥。インフラコストが実質タダになるYoutube公開版の増加・DJCDのDL版販売・低価格化が進んでもらうと、助かります。一枚3000円はちょっとね。1500円なら二枚買っちゃうタイプです。実質聞ききりなので音楽ソフトと比べるとこんな感覚になります。