放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

Fate Grand Order サーヴァント身長一覧2017年最新版(Fateシリーズ登場済み・FGO未登場含む)

(2017年09月21日段階版)
 古いものしか見かけないため作りました。バトルキャラクターサイズもこれで分かるはず。

 クラス違い等も念のため全て収録。(クーフーリン・ランサーとオルタの見た目サイズ違い、アルトリア・ペンドラゴンのセイバーとランサー差などのため)

 ファンアート等によろしければご活用ください。



133 イリヤスフィール・フォン・アインツベルン、クロエ・フォン・アインツベルン
134 エウリュアレ、ステンノ、メドゥーサ(リリィ・ランサーアナ)、ジャック・ザ・リッパー
135
136
137 ナーサリー・ライム(人間部分)
138 茶々、不夜城のアサシン
139
140 子ギル
141 ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィ(邪ンタ)
142
143
144
145 エレナ・ブラヴァツキー(キャスター、アーチャー同じ)、酒呑童子
146 ハンス・クリスチャン・アンデルセン
147 茨木童子
148
149 メディア(リリィ)
150 ネロ・クラウディウス(赤セイバー、ブライド、キャスター同じ)
151 アレキサンダー
152 織田信長(アーチャー、バーサーカー同じ)
153
154 アルトリア・ペンドラゴン(セイバー、オルタ、アーチャー、オルタライダー、サンタオルタ、リリィ同じ)、謎のヒロインX、謎のヒロインX(オルタ)、エリザベート・バートリー(ランサー、ブレイブ)、モードレッド(セイバー、ライダー同じ)、女王メイヴ
155
156 BB、パッションリップ
157 シュヴァリエ・デオン
158 マシュ・キリエライト、沖田総司、天の衣(アイリスフィール)、アン・ボニー&メアリー・リード(メアリー・リード。ライダー、アーチャー同じ)、清姫バーサーカー、ランサー同じ)、ビリー・ザ・キッド風魔小太郎、エルドラドのバーサーカー
159 イシュタル(アーチャー、ライダー、遠坂凛 stay/night同じ)、荊軻ジャンヌ・ダルク(ルーラー、オルタ邪ンヌ同じ)
160 アルテラ、玄奘三蔵、玉藻の前(キャスター、ランサー同じ)、タマモキャット、マリー・アントワネット(ライダー、キャスター同じ)、両儀式(アサシン、セイバー同じ)、レオナルド・ダ・ヴィンチ
161 静謐のハサン、マルタ(ライダー、ルーラー同じ)、アヴィケブロン
162 フランシス・ドレイク、ニトクリス(キャスター、アサシン同じ)
163 メディア(キャスターさん)
164 アストルフォ、鈴鹿御前
165 オリオン(アルテミス部分)、ジャガーマン、ナイチンゲールマタ・ハリ
166 アタランテ、殺生院キアラ、李書文
167 アンリマユ、宮本武蔵
168 牛若丸、ガイウス・ユリウス・カエサルカーミラ、スカサハ(ランサー、アサシン同じ)、ラーマ、不夜城のキャスター
169 天草四郎、セミラミス(167設定あり)
170
171 アルトリア・ペンドラゴン(ランサー、ランサーオルタ同じ)、アン・ボニー&メアリー・リード(アン・ボニー。ライダー、アーチャー同じ)、クレオパトラダビデ、新宿のアサシン
172 メデゥーサ(ライダーさん)、ゴルゴーン(人型部分)、フランケンシュタインバーサーカー、セイバー同じ)ブリュンヒルデ
173
174 エリザベート・バートリー(ハロウィン。ハロエリ帽子含む)、ジェロニモ、ブーディカ
175 エミヤ(アサシン切嗣)、新宿のアーチャー、ヘンリー・ジキル&ハイド、源頼光バーサーカー、ランサー同じ)、ロビンフッド
176 佐々木小次郎(偽アサシン)
177 アルジュナ
178 カルナ、シャルル=アンリ・サンソン、マーリン
179 オジマンディアス、ケイローン
180 ガウェイン、ゲオルギウス、ウィリアム・シェイクスピアヘクトール、ヴォルフガング・アマデウスモーツァルトレジスタンスのライダー
181 アーサー・ペンドラゴン(Prototype)、ケツァル・コアトル、新宿のアヴェンジャー(人間部分)、フィン・マックール
182 ギルガメッシュ(アーチャー、キャスター同じ)、トーマス・エジソン
183 シャーロック・ホームズ、俵藤太、ヴァン・ホーエンハイムパラケルスス
184 クー・フーリン(Prototype)、フェルグス・マック・ロイ、ディルムッド・オディナ
185 アーラシュ、巌窟王エドモン・ダンテス、カリギュラ、クー・フーリン(ランサー、キャスター、オルタは同じ)、ファントム・オブ・ジ・オペラ
186 諸葛孔明(エルメロイⅡ世)、ジル・ド・レェ(セイバー)、トリスタン、ベオウルフ
187 エミヤ(アーチャー、オルタデミヤ同じ)、土方歳三、ベディヴィエール
188 メフィストフェレス、レオニダス一世
189
190 坂田金時バーサーカー、ライダー騎金時同じ)、ジークフリートニコラ・テスラ、メルトリリス(ヒール含む)、ロムルス
191 ヴラド三世(EXTRA、バーサーカー同じ)、ランスロット(セイバー、バーサーカー同じ)
192 山の翁(2017年9月上旬頃以前の旧設定)
193
194
195 エイリーク・ブラッドアクス
196 ジル・ド・レェ(キャスター)
197
198
199 武蔵坊弁慶
200
210 エドワード・ティーチ(黒髭)
212 イスカンダル
215 呪腕のハサン
220 山の翁(2017年9月上旬頃以降の修正設定)
221 スパルタクス
225 呂布奉先
250 チャールズ・バベッジ
253 ヘラクレス
298 アステリオス
345 ダレイオス三世
300+ 新宿のアーチャー(犬部分)
1000+ ポール・バニヤン(最大状態)

不明・不定 エルキドゥ(バトルキャラクター目測172cm程度?)、百貌のハサン(バトルキャラクター目測170cm程度?)、マンガで分かるバーサーカー(ポール・バニヤン。最大時目測10m以上)

編者の雑談

  • マシュはヒールで数字以上の高さ感あり。
  • アルトリア、予想以上に小さいです。リリィも同じとは知らず。
    • 逆に意外と大きいセイバーが鈴鹿御前
  • クー・フーリンはランサーとオルタで身長同じ。Prototypeは1cm小さい。
  • ドレイクとニトクリスは同じ。意外と小さいドレイクにギャップの魅力を感じる。
    • そして巨大な黒髭。
  • メドゥーサは172cmだがバトルキャラクターはそれ以上あるように思える。
  • 非常に複雑なデザインの山の翁はバトルキャラクターを大きく作りすぎて辻褄が合わなくなったための修正?
  • ジル・ド・レェはキャスター化して身長が10cm伸びた。
  • エルキドゥのバトルキャラクターは男性基準でもそれ程小さくはない。

PR欄

  • もっと詳しいプロフィール・設定画をすべて収録のmaterial

Fate/Grand Order material I【書籍】Fate/Grand Order material  II【書籍】Fate/Grand Order material III【書籍】
Amazon.co.jp: Fate/Grand Order material I【書籍】
Amazon.co.jp: Fate/Grand Order material II【書籍】
Amazon.co.jp: Fate/Grand Order material III【書籍】


  • 赤セイバーネロ、カルナ、ガウェインといったCCC含むEXTRAシリーズ初出のサーヴァントはこちらが一層詳しいmaterial

Fate/EXTRA material 通常版【書籍】
Amazon.co.jp: Fate/EXTRA material 通常版【書籍】


  • Fate/Apocrypha TVアニメ放送中!原作小説はいつでも買えていつでも読める電子版が便利です。

Fate/Apocrypha vol.1「外典:聖杯大戦」 (TYPE-MOON BOOKS)
Amazon.co.jp: Fate/Apocrypha vol.1「外典:聖杯大戦」 (TYPE-MOON BOOKS)

  • マンガ版も発売中!

Fate/Apocrypha(1) (角川コミックス・エース)
Amazon.co.jp: Fate/Apocrypha(1) (角川コミックス・エース)

  • 人類悪 顕現

マンガで分かる! Fate/Grand Order(1) (カドカワデジタルコミックス)
Amazon.co.jp: マンガで分かる! Fate/Grand Order(1) (カドカワデジタルコミックス)

はてなblog移転の工程表

この記事は後日移転ミスが見つかった際に修正を行うために残してあります。

  • 記事の配列(過去に向かって進む)
    • 2008年8月まで完了 2008年7月から作業再開
      • この辺りより過去は特に記事の書き方が雑然としているため整理の効果が薄いと判断、作業は中止し完了と見なす。
  • 本・映画リストの中身のリンクが誤っているが、これはインポート→記事のリダイレクト設定の後で修正する
    • 連続アニメリスト(カテゴリ機能を使用してまとめているため手修正が必要)→自動修正完了
    • あらゆるエントリの関連エントリ機能も同様にテストする
  • 1000年代の記事すべてに資材置き場に「資材置き場である」という文言を追加完了
  • ヘッダ文章はデザイン上の邪魔となるため廃止する(現在の状態が完成済み)
  • サイドバー再整備(同一機能の復元)→完了・確認は必要
  • カテゴリーの再配列(はてなダイアリーをよく見て完全再現する事)→再確認を残すだけ→重要度順・アルファベット順混成配置を採用
  • はてなブックマーク・スターのインポート
  • 前のページに戻るボタンの設置(フッタ。現在のものは仮置きの戻るボタン同様のもののため不適)
  • カウンタほぼ最終状態の7月27日段階で 1425765


完全非公開では正常に作動しないはてな記法が多数存在するため、この記事はtwitterで私がフォローしている方のみ閲覧できるように設定してあります。
(全員公開としないのは元blogとの内容重複によりスパムと判定されるのを防止するためです)

  • 全公開に戻しました。
  • (すぐできる割に見かけないため)←自分のメモの意味が分からないのですが内容を思い出すまで消さずに残します。

はてなblogへの移転工事を開始しました

放課後は 第二螺旋階段で
http://kaidan2.hatenablog.com/

 はてなダイアリーの新規受付がついに終了し、ここもいつまで保つのか分からなくなったため、移転作業を行う事を決定しました。
 完了後は自動リダイレクトが行われるため、読者側は特に気にする事はありません。

 移転作業が頓挫した結果全ての情報が「工事中」となり事実上消滅したWebサイト多数を見て悲しんだ経験から、このblogはすべてのコンテンツの移転が終わるまで以前と全く同じように見られます。また、信念に基づき、古く今とは全く考え方が異なる記事もそのまま移転を行います。

 予定作業終了時期は8月20日頃としています。記事数が非常に多いため細かな修正に時間がかかるのです。

ハリウッド版 Fate stay/nightを作るなら / ラブストーリーの骨格


Fate/stay night+hollow ataraxia セット

 いまネットのオタク文化圏ではモバイルゲーム「Fate Grand Order」が大流行中。私も2月頃からはまって身体の中に埋め込まれたFate回路が開いている状態です。その流れで10年以上に作られたゲームについて今さらながらに考察・構造読解記事を書いてしまいます。

*注:この記事は Fate stay/night Heaven's Feel 未プレイのまま、思うがままに勢いに任せて書かれています。
*アーチャーの真名を知らない人はもういないだろうという前提に基づいて書いています。


 Fate stay/night わたくしのお気に入りキャラクター第一位といえば、アーチャー。

 キャラクター造形の格好良さとストーリーのまとまりの良さに、この人をメインに据えた Fate stay/night Unlimited Blade Works のハリウッド版*1を作れないのかなと夢想します。ソードアートオンラインが海外ドラマ化される時代ですから。

 ジャンル分けするならば「ロマンチックアクションラブストーリー」。組み合わせの相性の良し悪しは、無視です。

Fate stay/night の基礎骨格

  • 基本的に神話時代のサーヴァントしかいない中に現れた無銘の赤いアーチャー。彼は一体何者なのか?大きなミステリーとして物語が始動します。
  • そのアーチャーは凛にとって身近で好感の持てる不屈の少年士郎が正義だけに生きる事ですり減りきった未来の姿で、機会さえあれば現代の士郎を殺そうとする葛藤が独特なのです。
  • 得体の知れない恐ろしさを持ちながらも「凛との絆」だけは覚えているというダイナミックなギャップ。
  • むかし『ゴースト ニューヨークの幻』という映画が大ヒットしましたが、これが比較的近い路線になるのでしょうか?

主に士郎視点で見るアーチャーの完璧さ・ラブストーリーへの基礎

  • 「最高のヒロインである凛と釣り合う立派な人間になりたい」という意欲、あるいはプライドはどんな少年だって持っているでしょう。アーチャーはそれを成し遂げた存在でもあるのです。

主に凛視点で見るアーチャーの格好良さ・これがロマンチックアクションラブストーリーの骨格

  • 凛視点で見ると、支えてくれる気の合うパートナー(しかも家事の上手いイケメン)とコンビを組んでの決死のバトル!
    • アーチャーからお姫様抱っこされても、それはただ強さの形が違うだけ、特性を活かした動きをしているだけで、守られているだけの状態ではない。
    • このアーチャーが、高校生の今気になっている男子の未来の姿で、その「気になっている所」「気になる性格の長所」を突き詰めた結果、世界に見捨てられ死んでいったと知る悲しみ。
    • だから彼の幸せのために「あんたはああやって後悔しないように私についてきなさい!」という支え合いの形で物語が終わる。これが美しい。
  • 凛とアーチャー、並び立つ二人のヒーローが完成する終幕。
  • この「凛視点」が私の考える「ハリウッド版fate」の核となる部分です。
    • 等々色々書いてますが、2014年のufotable版アニメは既にこの方向で作っていた印象があります。
  • 英雄王対アーチャー決戦の構造
    • 発売当時から今までの批評で不可解なほど取り上げられなかった印象を受けるのですが、アーチャーの能力「無限の剣製」は英雄王ギルガメッシュの能力「王の財宝」とずれた鏡写しになっています。英雄王が真作の武器を無限に撃ち出す中、アーチャーは「フェイカー」として贋作を同様に撃ち出し続けるのです。何もそこまでという程に酷似した能力のぶつかり合い。「聖杯戦争」という大局的状況は二の次三の次。もっと個人と個人の、意思と意思の戦いなのです。
    • 「偽物が本物に勝てない道理などない」これは今作の大テーマの一つです。本来この世にいない偽存在であるアーチャーと凛の関係性もそう。
      • イメージを実体化させる「投影魔術」という小さな一要素の繰り返しが有機的に組み合わさって大きな全体像になる構造を持っているのが見事なのです。
      • イメージの実体化能力、それはすなわち「強さの定義」を写す鏡に他ならない。


 今の見方はいまいち掘り下げ切れていない感が強いため Heaven's Feel 完走の後にはパワーアップ版を再執筆したいものです。

*1:この記事でいう「ハリウッド版」は、アクション・ラブストーリー・ヒューマンドラマなど多様な要素が有機的に組み合わさっていながら非常にシンプルな基本構造の骨格を持つ作品といった程度の意味合いです。「ハリウッド版三国志は出てくる国を二つにまとめようとする」というジョークがありますが、それ位極端な構造化を行わなければ2時間プラスの枠には収まりません。

坂本真綾「ヘミソフィア」とアーチャー、ついでにベディヴィエール

イメージの実体化能力、それはすなわち強さの定義を写す鏡に他ならない。

 Type Moon作品はキーキャラクターの声優*1坂本真綾を起用することがきわめて多いのですが、これは代表作である『ヘミソフィア』の歌詞から受けたイメージも大きいのではないか?と気が付きました。

教えて 強さの定義
自分貫く事かな
それとも自分さえ捨ててまで守るべきもの 守る事ですか

ヘミソフィア 坂本真綾 - 歌詞タイム


 FGOでベディヴィエールが事実上の主人公となる『第六章 神聖円卓領域キャメロット』はライブで『レプリカ』を聞いてほぼ全て書き直したという逸話も思い起こします。

人類の失敗は望んだこと つきまとう影に立ち向かう力を
武器を向けたその標的が 鏡に映った自分だなんて気づきもしなかった

人類の欠点は 見えもしないくせに 愛とか絆とか信じられること
僕の罪はうたがったこと 差し伸べられた君の右手 初めて見たヒカリ

レプリカ 坂本真綾 - 歌詞タイム