放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

2017年の特筆曲リストは進歩の限界点

(以下の記事は2018年10月段階で完成させる事が事実上不可能になったため、草稿状態のまま公開します。95%は2017年12月段階で執筆済みの内容です)

 毎年恒例となった「今年の特筆曲リスト」シリーズ。しかし、この年はお気に入りの曲を Last.fmのLoveトラックに打ち込む作業を怠っていたため、集計が事実上不可能になってしまいました‥‥。そのため回収できた楽曲がある程度貯まる度に執筆・更新を行う分割方式を採用しています。*1

 基本的な好みとしては、これまでになく進歩や変化のない1年でした‥‥正直に言ってかなり憂鬱な状況です。

 ここまで来ると先に進むには自分がミュージシャンになるしかないとさえ感じています。リスナーとしての音楽理解が完全に限界に達しており、よほどの名曲でない限り編曲と自分の相性でしか差がつかないんですよね‥‥。

 そのような状況でも、未来への足場固めのためにエントリ制作しました。


 今年のベストミュージシャンを一人選ぶなら、米津玄師であるのは確実です。2015年段階でもトップクラスの才能でしたが、そこからさらにもう一ステージ上にたどり着いた感があります。

 動画満載で非常に重い記事のため目次より下は畳みます。

*1:twitterチェックは遡り8月13日まで。「-」でしか検索していないのでshazamとyoutuで遡るとまだ出るはず。

続きを読む

「スクランブル 警告射撃を実施せよ」田中石城 古い昭和の航空自衛隊を追体験

スクランブル―警告射撃を実施せよ (光人社NF文庫)
Amazon.co.jp:スクランブル―警告射撃を実施せよ (光人社NF文庫)

 かや書房から1997年に発売された『スクランブル 警告射撃を実施せよ』の2014年文庫化です。

 防衛大学出身すなわち管理職中心でありながらテストパイロット資格を持ち、航空幕僚部副監察官(安全主任)のち航空安全管理隊・航空事故調査部運航調査科長、教育研究部長、幹部候補生教務課長、防衛庁技術研究本部岐阜試験場長といった経歴の著者による回顧録的エッセイ集となっております。

 本書は普通の戦闘パイロットではなく安全・事故調査の専門家が書いた本であるのが特徴なのですが、これに関してはほとんど精神論的なレベルの内容で読み応えがありません。専門的すぎる内容を避けた結果とも思いますが‥‥。『メーデー!航空機事故の真実と真相』シリーズ的な興味で読んだ私的には残念でした。

 現役戦闘機パイロットだった F-86F や F-104 の時代が中心の記述となっています。BADGEシステムがない手計算と音声誘導時代のソ連機迎撃におけるコンタクトの難しさが見てとれ、昔の空自の雰囲気が分かる一冊です。


気になったポイントメモ

  • 長時間にわたるソ連爆撃機(Tu-16など)迎撃中、受け持ち交代を地上で待つ間は「コクピットスタンバイ」となる。この場合、食事も飛行機に乗ったまま。
  • F-104導入時は沖縄返還前のため防空領域が一段狭い。
  • F-104のナサールレーダーは North American Serch And Ranging Radar の略称。特に深い由来がある訳ではないんですね。単にノースアメリカン製というだけ。
    • 編隊を組む際に二番機が「Tied on Scope and Visual」(レーダースコープと目視で捕捉した)とコールするのがかっこいいです。
      • 夜間にアフターバーナーの炎を目印に「Tied on Visual」すると推力を絞った途端に見失うという情景が印象に残りました。
  • ナサールはBADGEシステムと連結してレーダースコープ上に丸いマークを表示し動かす事で方位・高度・速度を指示できる機能付き。これが出現年代を考えるとなかなかハイテクな印象を受けます。
  • 与圧服を使用した迎撃ミッションのエピソードが掲載されています。装備するのにかなり時間がかかりそうですが、超高々度・高速・日本に向かって飛来中のターゲットをレーダーサイトが探知した段階で距離に関わらず早めに準備をすれば間に合うようです。(この本では北朝鮮の打ち上げた気象観測用ロケットだった模様)
  • 空自の戦闘機が飛行中に海自の艦艇を見かけたときは「奇襲」をかけて対空戦闘訓練を行わせたという話が出てきたのですが、これは海自側で実際に対応していたのか気になります。著者が海自幹部の親戚に会った際、通常の対空訓練は決まり切った手順を行うだけで効果が薄いため、模擬攻撃を行って欲しいという趣旨の事を言われたようですが。
    • 空海連携としては、空自の戦闘機が訓練中偶然シュノーケル航行中のソ連潜水艦らしき影を見つけたため連絡し、感謝されたというエピソードも。
  • 有名なMiG-25亡命事件でアメリカからすぐに「ミグ屋」がやってきて分解方法などを指示したというエピソードがありますが、このチーム具体名とアメリカ側からの回顧録を読んでみたいものです。そもそも空軍所属?CIA所属?NSA所属?
  • 戦闘機の警告射撃は曳光弾の火が弾底部から出ているため、撃っている側からはよく見えても撃たれている側からは思いのほか見えにくいという話が気になります。
  • さらっと出てきた「マクドネル・ダグラスの技術者いわく F-15 はフラップ不要だが空軍の要請により後付けした」という話は本当!?
  • さらに、ネット検索でXOH-1偵察ヘリの試作開発にも関わっていたというきわめて興味深い情報を得ました。
  • この記事は個人戦記・回顧録を一つの年表に統合する作業のテスト版として作成しました。

著者略歴

 この項は他の航空自衛隊関係者の本を読んだ際に突き合わせるためのデータです。

続きを読む

どうぶつタワーバトルの比較的シンプルなプレイ手法


Amazon.co.jp: せつない動物図鑑 Kindle版

 レーティングが安定して1900超えるようになってきたのでメモです。2100出るような人から見るとシンプル過ぎるでしょう。あまりテクニカルでなく「あっさりすぎる負け」を減らす感覚のTipsです。(筆者はこの後12月20日ごろ、ここで書いたTipsを元にレーティング2000で安定2100超えも可能という域に達しました。)

  • 全体的に防御主体の考え方です。要は負けなければ勝ちなのだ。
  • 相手がタワーを建てたがっていても、それに乗らず横に逃げて手数を稼いでも全然問題ありません。ひとりタワーバトルで勝手に苦しんでなさいといった所です。
  • あまり神経質な積み方をすると返されたとき自分が苦しくなるので、若干安全すぎると感じる位でいいと思います。
  • たとえどのような引きでも序盤の3、4匹で決着を付けるような積み方で勝負をかける必要はないと思います。ぎりぎりの位置に積むのは難しく、成功しても返されたとき難しいからです。
    • これだけでレーティング1500を割る事はないでしょう。
    • 筆者は最初の一匹で差がつくことはないと考え9割のラウンドで初期位置の真下にそのまま落とすほどです。*1
  • どうぶつが最初に接触した点で発生する回転運動を止める・接触時の振動が十分に小さい・着地終了時の重心が既存の構造の許容範囲内に収まっている。以上を満たせばタワーはかなり無茶な構造でも建ちます。
    • ぎりぎりを狙って失敗し端の方が引っかかるように接触すると、止めようがない回転がかかります。(前記の「序盤で勝負をかける積み」による失敗の典型例)
    • 斜面に置く場合は背中や足の角度をそれに合わせます。(振動抑制・回転抑制)
    • 摩擦や凸凹に引っかけて落下を止めるのは狙って取れるものではないと思った方が良いです。接触させた際の微振動で姿勢が崩れがちなため危険です。
  • 姿勢を変えた動物を水平面に置いた際にどちらに転がるのか・どのような揺れを発生させるのか覚えていれば、かなり難しいタワーでも思いのほか綺麗に立てられると思います。(こればかりは「練習」や「感覚」としか言いようがありません)
    • レーティング1500くらいなら、30ラウンドほど勝負に行かず試し積みだけに使っても全然問題ないと思います。
    • 勝敗に関係ないシーンで実験的な積み方を試すのを強く推薦します。
  • 特に高い精度が必要な場合、指を離す際のズレを防ぐために時間切れの自動落下を利用します。地味ですがかなり有効です。縦姿勢のウミガメの上にさらに積むのも夢ではありません!
  • 以上の感覚を覚えていれば、凡ミスによる負けは半減できるでしょう。
  • 太陽をタッチしても自分のどうぶつを落とすだけです!(盤外戦を仕掛けてくる人がいます笑)
  • 斜めのどうぶつ同士で支え合う事で作られたバネ的な性質が強いタワーに関しては未解明な点が多いです。衝撃抑制を重視してフィーリングで積むしかありません。
    • ピタゴラスイッチ的な振動の連鎖・崩壊の連鎖・構造の変化に関してはフィーリングで積んで下さい。
  • これらのパターンは二重振り子の運動に近く予測不能な部分があります。
  • このゲーム自体、カオス現象で有名な二重振り子をゲーム化したような面白さがありますね。(勝敗と無関係な所感)

どうぶつ個別積み方(非常にパターン数が多いため執筆が中途半端な状態です)

 落とす際の着地姿勢・静止姿勢・中間姿勢を表現するため、例えば「5象」(回転操作5回姿勢の象)といった表現を使いません。かえって分かりづらいかもしれませんが‥‥

象:ハイリスク・ハイリターンの典型

 非常に大型で安定性も低いため、無理なときは無理と割り切った方がストレスないと思います。

  • 水平:重心を意識すると意外と狭い点にも立てられます。最前足が接地しないと若干前転の力がかかります。
  • 背面:平面部が皆無で不安定な配置です。斜めになったどうぶつの背中に乗せる際、角度合わせして接地衝撃を大幅に減らせます。上面の足裏がほぼ平面のため簡単に返されます。それをさらに返す辺りで苦しくなりがちです。
  • 鼻下:何となく凸型の部分に引っかけて回転を止められそうですが、ほぼ無理です。尖った地形に鼻と足の間の凹みを引っかける事が多いです。失敗すれば確実に落下します。難しいです。
  • 尻下:平面がない上に重心位置がずれているため必ず回転すると思った方が良いです。(窪み状の形に入れた場合は別)

ウミガメ:必殺兵器

 最もローリスク・ハイリターンなどうぶつです。

  • 水平:下面がほぼ平らで上面にヒレがトゲ状に飛び出すため、積むのは容易で相手に積ませるのは難しいです。斜面に置けば有利です。重量が軽いため「片持ち」的に傾いて伸びたタワーをぎりぎりに追い込むのにも使います。
  • 垂直:縦穴状の隙間に突き刺すと詰みに追い込めます。強いです。
  • 腹下の斜め:斜面の上の方に角度を合わせて置くとトゲ付き斜面になるため、そうそう返せない感じになります。強いです。
  • 背下の斜め:ヒレが飛び出すため見た目の印象以上に転げ落ちやすいですが、強いです。

ヤギ:必殺兵器2

 ウミガメに次ぐローリスク・ハイリターン型ですが、ひとたび回転がかかると止めにくいため意外な場所で落としてしまう事があります。

  • 水平:上面が尖っているためこれだけでかなり強いです。足と足の間に尖った部分も挟めます。とにかく強いです。大事な事なので二回書きました。
  • 頭下:尻尾がトゲ状の構造物になるため詰みに追い込みやすいです。自分のミスで落とすことやや多めかな?
  • 背下:足がトゲ状の構造物になりますが足と足の間の窪みを利用して返されやすいです。難しい場所にも積みやすいと思います。

ラクダ:ハイリスク・ハイリターン

 平面部分がなく、回転運動が非常に発生しやすいです。

  • 水平:足まわりが若干丸みを帯びていて揺れるため安定性が低く、注意が必要です。タワーに振動を与えがちで、組み込まれたタワーの耐振動性が大幅低下します。さらに足と足の間が狭く尖った部分を挟んで立てるのも難しめです。
  • 背面:意外と安定性が良いです。
  • 頭下:対斜面性能が意外といいです。平地ではかなり転がります。

シマウマ:前転させて安定

 ラクダに次いでとにかく転がりやすいです。頭を下にして前転させて定位置に入れるイメージで落とすと、かなり難しい場所にも積めます。

オカピ:地味に不安定

 形状がややスクエアになって転がらなくなったシマウマといった所です。フィーリングで積んでるので解説不能です‥‥。足と足の間に尖った部分を挟めるのが特徴か。

キリン:大型だが安定は取りやすい

 形状的には非常に積みやすいですが、大型なので無理なときは無理です。その際はあきらめましょう。あるいは奇跡を信じましょう。

  • 水平:見かけ以上に不安定です。重心が非常に前寄りで、最前の足が接地していなければ前に転倒します。足と足の間が広いため尖った構造に引っかけて回転を止めやすいです。倒し姿勢だと首で台地ができます。
  • への時型:凸型の形に合わせるのに使います。重心が左よりである事を意識すればこれで負ける事はあまりないと思います。その後にできる形状はほぼ平面なので勝つ事も少ないです。
  • 背面:斜面に角度を合わせて回転と振動を抑制します。重心位置に注意が必要です。(練習です)背中の頂点で回転運動が発生するためそれを利用すると強いです。
  • 頭下:倒して寄りかからせるように使います。平面の場合、必ず左に倒れます。尻がほぼ平面になりがちで返されやすいです。
  • 尻下:大きな回転運動が発生しやすいためちょっとよく分からないです。足のトゲトゲを利用して相手が返してくる事が多いです。

シロクマ:処刑用どうぶつ(含む自分)

 下部が広い平面で、他の部分に平面を取れる部分がほぼない上、大型、大重量。積みづらく返しにくいため勝敗を決する事が非常に多いです。傾けた際の転がりを意識すると中盤強いです。

シカ:鼻行類

 ツノが重く非常に前転しやすいです。足を下にするより、頭下斜めでツノ・鼻・前足が接地する姿勢の方が安定性が高いです。

ウマ(細かい動物名が分かりません‥‥)

 尻尾に引っかかる事故が非常に多いためマージン多めに落としましょう。

トラ:精密加工済み鉄骨

 安定性の高い姿勢を取るのが最も容易です。頭下に置くとほぼ垂直になるため、タワーが出来上がった際に横に避ける事で一手稼げます。特に便利なテクニックです。

  • 水平:とにかく安定しているためフィーリングで積んでください。
  • 頭下:前記の通り水平面に垂直に立てられます。大事な事なので二回書きました。タワーの上に立てるとそれなりに不安定なため攻撃にも使えます。
  • 背面:かなりフラットな部類に入るため難しい斜面にも積めます。

カバ:自然石の土台

 上下は平面ですが前後は丸いため立てると転がります。

  • 水平:とにかく安定しているためフィーリングで積んでください。
  • 背面:斜面に角度を合わせるのに使います。
  • 尻下:右側に転がりの力がかかるため要注意です。水平面だとぎりぎり立ちます。

サイ:おおむね安定

 頭を下にするとツノより先に耳が接地して倒れます。それ以外よく分かりません。

パンダ:意外と不安定

 自分は地味に苦手などうぶつです。分からない事が多い。全体的にへの字型をしているため水平部がなくなりやすいのが特徴か?

  • 水平:背中がなかなかの急傾斜になるので意外と攻撃力が出ます。
  • 尻下:右の背中側に転がっていくので立てかけるように使うと便利です。

ヒヨコ:レアキャラクター

 ごくまれに出てきます。非常に小さいので一手パスに近くたいへん有利です。


 こうやって書きだしてみると、コマの種類数が多いですねこのゲーム‥‥。

*1:これが一番攻撃的な置き方という説あり。