放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

私が私を操作する

 メジャートランキライザーをつかうようになってから、エネルギー総量は100から30くらいまで減ってしまったかわりに、配分が上手く行くようになって、有効エネルギー量は増してる感じ。
 だから、必要エネルギー量が少なめの読書はどんどん進む。
 余剰エネルギーがないと駄目な発想力等は激減。

(このエントリは主観的なもので化学的根拠は非常に薄弱)