放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。代わりとしてカテゴリタグによる分類に力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。

「チャウシェスク政権の崩壊 〜市民が撮った革命の7日間〜」を見た

面白かった!革命は戦争よりさらに一段と面白い!祭りな雰囲気がいいね。(倫理感0な感想)


ただ、チャウシェスク工作員の疑いで次々逮捕された人たちが、その後一体どうなったのかが気になった。
ちらりとだけ出てきた、身分証明書をやたらと沢山持っていたせいで捕まった運転手の人とか、本当にチャウシェスク工作員だったのか、誤逮捕だったのか、分からず終い。その後の扱いも分からず終い。捕まる場面だけしか写ってなかったから、そういうことが分からないのが怖い。


こんなことを考えていたら、同じライン上で一段ちゃんと調べて書かれた意見が。
自由と民主主義を掲げた人々に惨殺された独裁者


当blog内の関連エントリ(ここから思考がつながってます)
ソロボダン・ミロシェビッチ元ユーゴスラビア大統領死去 - 放課後ハ 螺旋階段デ
「ドキュメント 戦争広告代理店―情報操作とボスニア紛争」 高木徹 - 放課後ハ 螺旋階段デ