放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

id:enternovelさんから完結についてコメントをいただきました。

http://d.hatena.ne.jp/enternovel/20050917/p3


話を読解する才能と最終話まで続ける努力が合わさった、素晴らしい業績だと思います。
 ありがとうございます。
 物語読解は出来る限り劇中で語られるもののみを読むように意識して、副読本や関連書籍に書かれている解説を踏襲しない自分の見解を出すことを目標にしていたので楽ではありませんでした。
 でも、一つの大長編作品の作劇や思想を全編考え通しで見る経験が出来たのは自分にとってためになったという感覚があり、とても良かったと思っています。