放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。代わりとしてカテゴリタグによる分類に力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。

SS-N-19 シップレック / P-700 3M-45 グラニート 対艦ミサイル 軍事資料室 日本語圏におけるマイナー兵器データベース(旧Webサイト復刻版)

旧Webサイト復刻版トップへ
(以下保全作業を開始した2019年01月14日ごろの内容をそのまま収録しています。デザインはblog用に再構成してありますが、都合により崩壊している部分に関してはご了承下さい。内容は原本執筆当時のものです)

P-700 3M-45 Granit
http://www.geocities.jp/kanabow11/weapon_data/granit.html



SS-N-19 Shipwreck "難破船"
P-700 3M-45 Granit"花崗岩"


注:現在のこの文章はひどく中途半端なメモ程度のものです....

ハープーン8発分ほどもある重量にはビックリ

しかもキーロフではVLSに収められている

<非常に特徴的な誘導方式>
海洋監視衛星システム「レゲンダ」により得た目標情報にしたがい発射・誘導される
このミサイルは複数同時発射時、飛行中にお互いに情報の交換を行い
リーダーのミサイルは目標を捕捉できるように高い高度で飛行するが、他のミサイルは低い高度で追従していく。
このリーダーのミサイルが撃墜された場合には、残りのミサイルの中一発が自動的にリーダーの役目を引き継ぐ
(2万mを高高度巡航し、急降下攻撃をするという話と食い違っている部分があるため調査中)
船やヘリによる誘導は一切必要なし
現在ロシアの通信衛星の70%は寿命がきているらしいです。誘導できるのだろうか・・・?


名称P-700 3M-45 Granit(グラニート)
NATOSS-N-19 Shipwreck(シップレック)
製造者НПО машиностроения
全長10.5 m
全幅2.6m
直径0.88m
重量6980kg
動力固体ロケットブースター+ラムジェット
速力M2.5(高高度)
M1.7(低高度)
弾頭550kt核もしくは通常炸薬750kg
最大射程500km
最小射程20km
誘導方式中間 衛星データリンク 慣性航法

終端 パッシブレーダー アクティブレーダー
搭載艦オスカーⅠ・Ⅱ級潜水艦(24発)

キーロフ級原子力重ロケット巡洋艦(VLS20発)
アドミラル・クズネツォフ級空母(12発)



2001年ごろ公開された写真



Copyright(c)1997 Missile.index Project, All rights reserved
写真公開前の旧想像図(スケールは1m)


#グラニート、グラニット、グラニトの中で一番本国発音に近いのはどれなのだろう?

スペック的には夢のようにすごいミサイルです。


無人のミサイル同士が連携を取って行動するというメカニズムが面白くて好き。