放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

「Vガンダム」を見通すのが面倒になって「TEXHNOLYZE」を見始めた

解説サイトを見た感じだと世界観が自分が小学生の時*1に考えたRPGにすごくよく似ていて変に感心。スラムでの身体部品の奪い合いの生き残り争いとか。そうする他生きる術がない止む終えなさ。バラバラになっても部品は生きるという世界。

十代〜二十代のコンピュータゲームファンって一度は「おれのRPG」を考えたことありますよね?(無かったらショックですw)

*1:これはたぶん記憶違い