放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は少年に生涯消えない痕を残す物語

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』 豪華版Blu-ray BOX
Amazon.co.jp: 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』 豪華版Blu-ray BOX

 1995年実写映画版の感想です。

ストーリーガイド

 その日は夏休みの登校日で、夏祭りだった。少年たちは打ち上げ花火をどこから見るのか賑やかに話し合い、いつものようにプールへと泳ぎに行く。そこでは日差しの中、魔性の美少女なずな(演:奥菜恵)がプールの端に寝そべっていた。

 少年たちが競い合い泳ぐ中、彼女は突然「50mで勝ったから」というだけの理由で少年・典道(演:山崎裕太)を選び出し花火に誘う。

 こうして二人の小さな旅が始まった。

 夜の花火で終わるかけがえのないこの一日でかれらが見る世界は‥‥

感想コメント

 奥菜恵演じる美少女なずながプールの淵に寝そべって夏の日差しを受けているというただそれだけの事でも、日焼けのダメージは治らないと感じるようになった私は、青春の若さを眩しく感じた。

 制作時期から、私は今作の少年たちよりほんの僅かに年下なだけで世代的にはほとんど変わらないため、過去の自分を思い起こさずにはいられないのである。自分にもこんな時代があったのだろうかと考える。90年代の世界ですら強いノスタルジーの対象となる時代に生きている事に何か、後悔のような、それでも過去であるから美しく見えるような、一言では表しがたい感情を覚えるのだ。

 話はかなり変わるのだが、いまこの時代には「一級フラグ建築士」という言葉がある。自分自身でもある時期から「フラグ」が認識できるようになったと感じている。それは一体どういう事なのか説明すると、つまらないが安楽な選択肢を自分の意思で打ち払って、*1記憶に残る瞬間にたどり着ける「正しい選択」を予測し生み出し実行できるようになるという事だ。今作の展開はそうやって意思の力でたどり着いた「人生のイベントシーン」での感慨を追体験するようだった。


 それにしても、何よりも、今作の奥菜恵は魔性を感じる程に美しい。

 その美少女が、親の離婚で街を出る最後の日になるからと、割と誰でもいいという感覚で少年一人を誘って花火を見に行こう、駆け落ちをしようというのなら、その少年の人生はもう狂ってしまうのではないだろうか?

 「狂ってしまう」という表現は穏やかではないが、少なくとも「生涯忘れられない一日になる」というのは間違いないだろう。

 美少女が母親を振り払ったときのこと、二人で乗ったバスが目的地に着くまでの時間のこと、夜のプールで二人仰向けに浮かんで「花火って横から見ると平べったいのかな?」と語った日のことを一体誰が忘れられようか。

 ある人生に訪れた「最上の一日」を描く映画の傑作である。

*1:人によっては「グイグイ来る」ように見えるだろうと思う。