放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

「ブックオフでレイプマンを買う」

 「伊集院光深夜の馬鹿力」のジングルでこのフレーズがネタとして流されていて、「レイプマン」というのは「架空のしょうもない本」で実在しないとずっと思っていたら


http://www.st.rim.or.jp/~r17953/impre/Comic/rei.html


 これはひどい
 「レイプで問題解決」という荒唐無稽なシナリオを何度も成立させてしまう力業と、「バンッ→ドッ→シャキーン→ズサー」といった連続技*1の無意味な巧さが特にひどい。


 こういう展開のさせかたでもシナリオってものは通るんですね。あまりにも現実離れしているおかげか、解説が上手いのか、ちゃんとおもしろく見えてしまいました・・・・・・

追加情報

アニメだかなんだかの CV がほりうちけんゆうだったような

 はてなブックマークにこんなコメントがついていたので、すこし調べてみたらアニメはDVDにまでなってた。
 上の解説サイトで「Vシネマになった」とも書いてあったし、今っぽく言うとメディアミックス作品というわけだね。

THE レイプマン アニメ・バージョン [DVD](ぼんくらすぎるので画像は省略)

Wikipediaの記述は真顔で笑わせてくる

THE レイプマン - Wikipedia

人情系レイプ劇画の最高傑作として評価されており、現在においても一部に熱狂的なファンを持つ。

この手の漫画、他にもあるっていうのかい!(笑)

*1:#4:テクニック