放課後は 第二螺旋階段で

「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」 筆者の気の向くままに書き連ねるクラシックスタイルのblogです。

「米ソ原子力艦隊」で冷戦の答え合わせ

米ソ原子力艦隊―今も両超大海軍が静かな戦いを繰り広げる! (光文社文庫―ミリタリー・イラストレイテッド)
Amazon.co.jp: 米ソ原子力艦隊―今も両超大海軍が静かな戦いを繰り広げる! (光文社文庫―ミリタリー・イラストレイテッド)

 これは米ソ冷戦もクライマックスに差し掛かった1984年刊行の本です。スターウォーズ計画こと SDI計画が発表されたのが1983年といえばその時期が分かるというものでしょう。当時10代だった方の思い出トークによく出てくるので読みました。

 当時分かっていたソ連海軍情報が集約されていて、結果今の感覚とかなり異なった装備体系が採用されている様子がよく見てとれるのが面白いところです。


 この本で最大の脅威として取り上げられている空母クレムリン(現在のアドミラル・クズネツォフ)が建造されたのはこの頃なんですね。「クレムリン」は今までにない5万tクラスの超巨大空母であり、さらに原子力ミサイル戦艦キーロフ級への驚きから、この技術を空母に転用すれば1990年代後半には原子力空母さえ出現してもおかしくないという感覚があったようです。

 艦載機は偵察衛星の写真に写っていたMiG-27艦載型・沿岸任務を重視するソ連であるための回転翼対潜哨戒機・何らかの固定翼早期警戒機程度が想定されており、その後にMiG-29という「F-16を意識した戦闘機」になるのではないかとされています。*1現実には当時未発見のSu-33フランカー*2とシュトルモヴィク系のSu-25となりました。ところで、現在搭載されているSu-25は沿岸任務で揚陸部隊を撃破するといったシーンを想定しているのでしょうか?艦載機としては航続距離もスピードもなければ搭載兵装の射程も短い機種なので気になる所です。

 対するアメリカ海軍の新型艦艇の目玉はオハイオ級戦略ミサイル原潜となっております。


 アメリカ海軍の水上戦闘艦は現在のようにオールイージス化がほぼ完成してアーレイバーク級とタイコンデロガ級ばかり、空母はニミッツ級ばかりといった単純化された編成でなく、テリア・ターター対空ミサイルシステムからスタンダードに換装した原子力巡洋艦群が主力となっています。今はもう絶滅した艦種ですね。ほか、その下に多数のスプルーアンス級オリバー・ハザード・ペリー級、ノックス級など対潜特化型・対空特化型の艦艇多数が続きます。

 攻撃型原潜はこの段階ですでにロサンゼルス級に集約されているのだから、このクラスを使った対水上戦能力への自信は相当なものだったと思われます。アメリカ海軍は2017年現在でも対艦ミサイルは音速超えられないハープーンで済ませていますしね。水上艦艇はまず潜水艦、次に空母艦載機で沈める。この考え方が徹底しているのでしょう。


 ソ連海軍の艦艇はクリヴァク級やウダロイ級など対潜特化型に力を入れているようです。核を搭載した潜水艦が何よりも脅威であるため当然といえば当然の方向性ですね。ですが現在の感覚では防空能力のあまりの低さに不思議な印象を受けます。対艦ミサイルの飽和攻撃が有効であると明らかになったオケアン70演習から13年程度の段階ですが、ソ連が2000年まで続いていれば対艦戦闘特化型のスラヴァ級が多数建造されていたのでしょうか?それでも物足りないとキーロフ級が大量建造されていたのでしょうか?巡航ミサイル潜水艦を多用する独特の編成がさらに進んでいたのでしょうか?今となっては分かりません。


 SLBMに関しては、今標準化したトライデントD5やR-39のような射程8000km超級ではなくポセイドンC3など5000kmクラスのものが多いため、戦略ミサイル原潜はやや前進気味に配備されており、それを攻撃型原潜・対潜水上艦・対潜哨戒機部隊で迎撃するといった想定が多いのが現在の感覚と異なっている印象です。本国の近海で防空圏内の「聖域」に潜るか、対潜哨戒機も届かない大洋の中にいる動きはまだ一般的なものになっていないようです。


 潜水艦関係で何よりも異様なのは、SALTの規制がかかる前に全速力で核弾頭搭載型巡航ミサイルの配備数を増やして既成事実を作ろうとする様です。規制対象となる「核兵器の運搬手段」には、ICBMSLBM爆撃機が含まれていても巡航ミサイルは除外されていたのです。第二次世界大戦以前、ワシントン海軍軍縮条約以降・ロンドン海軍軍縮条約以前の重巡洋艦量産無規制時代のようですね。攻撃型潜水艦に搭載されている巡航ミサイルは投射弾量の少なさの割に高コストではないかと感じていたのですが、元々はこういった流れがあったのですね。

ほか小ネタ

  • 600隻艦隊構想における戦艦の復活はベトナム戦争での艦砲射撃の有効性の影響大。核搭載の巡航ミサイルも多数装備し圧倒的対地攻撃能力を誇ります。
  • 海上自衛隊設立当時アメリカは日本に軽空母を供与するつもりでいて、S2Fトラッカーを使った着艦訓練まで受けさせたという話が気になります。これは維持費のあまりの高額さでなくなりました。
  • 潜水艦母艦が洋上でジェームズ・マディソン級戦略ミサイル原潜ダニエル・ブーンのトライデントC4を交換する写真が掲載されているのですが、この種の大規模な潜水艦母艦は現在も運用されているのでしょうか?
  • ソ連の典型的対潜哨戒機、IL-38メイは今どれ位運用されているのでしょうか?Tu-95の対潜哨戒型Tu-142が主流となっている印象があります。この機種、プロペラ機ですが想定巡航領域を考えるとP-3CよりもP-8あるいはニムロッドに近いですよね‥‥多分。
  • このblogにおけるミリタリー系の話題の空白期間に、私の関心が第二次世界大戦そのものから戦後すなわち第二次世界大戦の総括、そしてそれを踏まえての米ソ冷戦体制の確立へと移っていったため、若干孤立した記事になっています。

*1:MIG-29の西側における発見は1986年のフィンランド。それ以前は情報があいまい。

*2:Su-27の西側における発見は1987年のノルウェー