放課後は 第二螺旋階段で

筆者の気の向くままに書き連ねアーカイブするクラシックスタイルのblog。カテゴリタグによる分類には力を入れております。ネタバレへの配慮等は基本的にありません。「どうなるもこうなるも、なるようにしかならないのでは?」

HD時代に見る記録映画には行間がある

 CSの「日本映画専門チャンネル」でたまに流れている昭和の記録映画は地味ながら意外と面白い。

 近年新たにテレシネされBDレベルの画質となった昭和の記録映画は、その時代の空気まで写っていて、人々の微妙な顔つきや所作の移り変わりまではっきり見えるのだ。

 1970年のル・マン24時間耐久レースで撮影された娯楽映画『栄光のル・マン』でもこの現象は発生し、当時新鋭だったガルフカラーのポルシェ917Kなどが生きて走る姿は非常に見応えのあるものとなっている。